日本、平和主義に別れを告げる:東京は再軍備競争を加速している

絶対的には、日本の防衛予算は依然として中国の 5 分の 1 強にすぎず、8,000 億ドルにはほど遠い. それでも、日本は世界第 3 位の GDP を持ち、その 2% が防衛に費やされれば、最終的には世界有数の軍事大国の 1 つになる可能性があります。

主な抑止力

わずか 8 か月間政権を握っていた岸田氏は、平和主義の理想主義ではなく「現実主義」に基づいた新しい外交政策を日本に課しました。 どういう意味ですか? リアリズムは、国家間の関係を決定する要因を、法律や国際機関ではなく、勢力間の勢力均衡に見る。 ロシアの侵略は、抑止力を防衛の主要な形態と見なしているため、実際には軍拡競争を理論化するこの考え方の流れを復活させました。

学界以外では、最近の朝日新聞の世論調査によると、日本人の 64% が国の軍隊の強化に賛成し、10% しか反対していません。

この地域への米国の関与に対する新しい認識も、特にトランプ時代以降、変化を求めています。 日本は依然として米国の核の傘の下にあり、米軍基地をホストしているが、独力で行かなければならないとますます確信している. ワシントンがすべての同盟国にそうするように頼むように。 最後に、核保有国である北朝鮮の脅威があります。

限られた介入マージン

変革は容易ではありません。 まず第一に、自民党の連立パートナーである仏教系の公明党からの抵抗を克服しなければなりません。 さらに、日本の「平和主義」は、第二次世界大戦後にアメリカの占領軍によって起草された憲法に記されています。

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です