日本、2022 年上半期の出生数が記録的に減少


日本の少子化は止まらない。 保健省の国勢調査によると、今年上半期には 384,942 人の子供が生まれました。2021 年の同時期より 20,000 人少なく、2000 年以来の最低水準です。出生率は、国の経済だけでなく、社会全体に大きな影響を与えています」と、加藤勝信厚生労働大臣は会議でデータについてコメントしました。 東京都は早ければ6月、通年出生数が81万1600人に減少したと発表した。これは記録が始まった1899年以来の最低水準である。そして最新の兆候は、減少傾向が依然として加速していることを示している. 減少の理由として挙げられているのは、新しい親の経済的発展に関する不安、職業生活と子育てを両立させることの難しさ、若いカップルが結婚を人生の選択と考えるインセンティブの欠如です。 (操作)。 AA3-NS

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。