日本、Covidの症例が少ない:子供たちは食事中に戻ってきて話をすることができます

最後に、完全に静かに食事をとった 2 年間の後、日本の子供たちは昼食時にクラスメートとおしゃべりに戻ることができます。 Covidケースの曲線の下降。

パンデミックの間、日本の子供たちは「黙食」、つまり給食中の沈黙を守らなければなりませんでした。 教育省の衛生マニュアルの要件に従って、子供たちは「私的な会話を控える」ことになっていました。 エアロゾル飛沫の拡散を防ぎます。 しかし、子どもたちから友達と話す機会を奪うことで、社会的発達に与える影響についての懸念も高まっていました。

長崎大学医学部附属病院 小児感染症科 教授 森内博之 毎日新聞、「マスクなしで昼食を食べると、感染のリスクが高くなります。 不快に感じる方も多いので、食事中の沈黙を一挙に解消することはできないかもしれません。 しかし この変更の検討を開始することをお勧めします 正常に戻るための最後のステップとして。」

西日本の福岡市教育委員会は、生徒が静かに話すことを条件に、小中学校での昼間の会話の禁止を解除することを決定しました. ただし、合唱団「いただきます」に参加する際はマスク着用が義務付けられます。 教師は満足: 「静かに食事をするのは久しぶりです」と小学校の田中賢治校長が学校に語った 毎日新聞. “早く給食の時間が戻ってきますように“。

しかし、一部の親は、「木食」を今すぐ取り消すのは時期尚早であると主張しています. 「娘は黙って食事をすることに慣れていて、家に帰ると家族と話しているので、さびしさは感じていないと思います」と、ある母親は言いました。 “感染の可能性が心配:無言で食べ続けてほしい“。

からの他の話 バニティラウンジ あなたは興味があるかもしれません:

孤独感と友情の欠如:コロナ後の若者の倦怠感

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。