日本。 アフリカへの投資が増加している

ジュゼッペ・デ・サンティス

中国とは異なり、日本は常にアフリカへの投資に慎重であり、これは、黒大陸への日本の総投資額が 2013 年の 120 億ドルから 2021 年には 60 億ドルに増加したという事実によって示されています。また、その 70% が南アフリカで行われていることからも明らかです。 . アフリカ。
日本政府はこのすべてを変えたいと考えており、経済的な理由だけでなく、ソマイラ、モザンビーク、ケニア、タンザニアなどの国々を巻き込むことを目的としたインド太平洋経済圏を創設するために、ライジングサン企業にアフリカへの投資を増やすよう促しています。すべては、一帯一路構想に代わる何かを生み出すためです。
2019年に日本政府が方針転換を行ったとき、横浜での会議で、アフリカを原材料の供給源としてだけでなく、アフリカの目的地市場としても考慮して、援助よりも投資に重点を置くことが決定されました。日本製品。
アフリカでのこの政策の変更の結果、日本製品の輸入が増加しました。この例は、アフリカ全土で 22,000 人の従業員を雇用し、売上高が 74 億ドルのトヨタです。 その結果、日本の自動車部品会社は 1 億ドルを投資してモロッコに工場を開設する予定です。
しかし、日本政府がモザンビークで生産される液化天然ガスの 30% を購入することを望んでおり、140 億ドルを投資したのは偶然ではないことを考えると、日本政府がアフリカに注意を向けている唯一の目的は、新しい市場の探索だけではありません。このプロジェクトで。
アフリカにおける中国の影響力に対抗するために、日本は欧州連合、インド、オーストラリア、米国と協力するか、これらの国が黒大陸に持つ投資家のネットワークを利用しています。 この協力は、日本の投資ファンドがアフリカの新興企業に投資するために、この地域について深い知識を持つスタッフを採用したベンチャーキャピタル部門で明らかです。

前の投稿ウクライナ人はあきらめない:ショイグは米国と英国を非難し、「彼らは彼らを労働者として使っている」
次の投稿ケニア。 大統領:ルトがライバルのオディンガを倒す

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です