日本「トランピアン」三省党が自由民主党から若者の票を奪う

上院議員選挙では、20代から30代の年齢層で5.9%を獲得した。 自民党は数年後に40%を下回りました。 Sanseito は、反グローバル化と反移民です。 彼はまた、軍事費の増加と「平和主義」憲法の改正を望んでいます。

東京 (AsiaNews) – トランプに触発された三省党は、国の主要な政治勢力である自由民主党から若者の票を奪っています. これは、岸田文夫首相の自民党が優勢であるが、若い有権者からの支持が低下している、最近の国会参議院の部分的更新に関する最近の選挙からの最も関連性の高いデータの1つです.

三成党は初上院議員選挙で 180 万票と 1 議席を獲得した。 アヤコ・ローレンスが率いる組織は非常に保守的な政治的プログラムを持っています: 反グローバル化、反移民、憲法の「平和主義的」改正と軍事支出の増加を支持し、「国家の尊厳」を維持することを目的としています。 “。

多くの観察者にとって、これは2016年にドナルド・トランプをホワイトハウスに連れてきた「アメリカ・ファースト」キャンペーンの日本語の要点である再提案である. このメッセージは、暗殺された元ナショナリスト首相である安倍晋三の孤児である日本の若者を捕らえたようだ.投票前夜の大臣。

20歳の日本人では、三星党が比例投票で5.9%を獲得した。 この年齢層では、自由民主党の支持率は 3.5% から 40% 未満に低下しました。これは、2012 年に安倍が政権に復帰した後、一貫して超えられたレベルです。仏教の公明党も、岸田政権で若い有権者と伝統的な反対派を許しています。立憲。 民主党と共産党。

多くの若者は、台頭している他の 2 つのグループ、すなわち国民民主党と日本維新を選択しました。 しかし、若者の投票傾向は、三星人にとってより大きな見返りをもたらしているようです。 が引用したアナリストによると、 日経アジア日本の若者は、防衛予算の増額と消費税の引き下げという超保守党の選挙プログラムの 2 つのポイントに何よりも惹かれている。

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。