日本から本屋の国への贈り物、作家の内田陽子さんが持ってきます

モンテレッジョは、日本の作家内田洋子から、モンテレッジョの書店の伝統をたどる「イタリアの書店」と題された日本人アーティスト佐々木美香の作品を贈り物として受け取りました。 貴重な和紙に描かれた、自然に浸る本でいっぱいのかごを持った旅の本屋の楽しい水彩習作です。 著者は、内田さんの著書『モンテレッジョ。 モンテレッジョ。 小さな村の巡回書店の変遷』(方丈社、東京、2018年)。

読書から、読書への情熱から、そしてモンテレッジョを離れ、わが国の文化の普及に大きく貢献したすべての男性と女性への大きな賞賛から生まれた佐々木さんの絵. 意味に意味のある内田さんからの贈り物、本屋の国のもの。 友情のしぐさだけでなく、より深い何か。

作品は東京を出て、理想的には古い書店のかごの中にあり、モンテレッジナ出身の現代の書店であるアルベルト・ベルトーニとブルーノ・タラントラを経て、ヴェネツィアに到着し、モンテレッジョに到着しました。 2018年は商業的にも編集的にも成功しただけでなく、日本の本文化の世界にとって真の希望の光となりました.

この作品はモンテレッジョで本屋のブルーノ・タラントラによって、モンテレッジョ・イル・コミックス・オ・ペイ・デ・リブレアで開催された第3回ヌヴォレ・フェスティバルで、ゲルラでのコミックス賞の受賞者の発表の際に配信されました(エリサ・メニーニ、日本物語、オブロモフ編)。

社長のサンドロ・フォゴーラとプロロコのアドバイザーであるファブリツィオ・フォゴーラは、作家の内田陽子とイラストレーターの佐々木美香に感謝の意を表して、この贈り物が親密さ、友情の象徴であり、既存の素晴らしい文化的関係を維持し、強化する機能を持っていることを強調したかった.

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。