日本がIOC加盟に近づく

事務局と日本のオリーブ部門の代表者グループは、国際オリーブ評議会(Coi)を支援するための協力を強化し、日本での組織の使命を再開するという共通の意志を確認しました。

これは、2022 年 9 月 13 日に農務省、日本油糧種子加工業者協会 (JOPA)、生産地と消費地の代表者が出席したビデオ会議の結論でした。 JOPA常務理事国際課長、農林水産省新事業・食品産業局長、オリーブ油研究所主任研究員。

この会議は JOPA が主催しました。

両当事者は、香川県でのオリーブ生産の促進を含め、世界のオリーブ部門、特に日本にとって関心のあるトピックについて話し合いました。 また、世界のオリーブオイル生産、IOC 基準、健康と持続可能性、IOC 戦略に関連するさまざまなトピックについても話し合いました。

ここ数年、日本には、IOC によって公式に認められたいくつかの理化学研究所と官能研究所があります。 国がIOCのメンバーになるように、この協力を発展させる時が来ました。

CS

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。