日本では、アニメーターは中国で働くことを好む

残念ながら、私たちは今それを知っています 日本 の労働条件 アーティスト 最高ではありません。 日本人も欧米人も大好きなエンタメ作品を作るために、アニメーターは 非常に短い締め切り そして 給料 代わりは 小さな. ストレス、低賃金、過小評価: 日本でのアニメーターの生活は非常に厳しいものです。

ただし、 何かが変わっている 日本の労働市場で。 でますます多くの企業 中国実際、彼らは日本のアニメーション産業を引き継いでおり、日本よりもはるかに良い労働条件を提供しています。 これにより、実際の 頭脳流出 日本の企業。

実際、何人かのタレントは、中国企業が提供する給与と労働時間に魅力を感じ始めている。 これらすべてが全国の企業に圧力をかけ、最終的に切望されていた労働環境の改善につながる可能性があります。

中国企業の日本での成功はゲームチェンジャーになる可能性がある

業界の平均給与に関するいくつかの調査によると、日本のアニメーターの平均年収は約 125万円 (年間10,000ユーロ未満)。 これを時給に換算すると、利益は 1時間100円 (0.73 セント)。

この数字で生き残ることは非常に難しいことを理解しています。 一部のアニメーターもそこで働くことを余儀なくされています またはあなたを見つけるために 副業. で提案されているものと比較するために 中国企業: 日本色鉛筆アニメーショングループに属する中国のアニメーション会社 テンセントアニメーターに喜んで支払う 175,000円 (1272 ユーロ)/月。 たとえ彼らが “学校の外で”。

などのアニメーターも募集しています。 従業員。 中国のスタジオも指摘しているように、日本では日本企業のほとんどのアニメーターが フリーランス. その結果、契約はしばしば提出されますが、その契約は、 最低賃金。

日本のアニメーターと映画監督協会が実施した2019年の調査によると、回答者のわずか14.7%(平均年齢39歳の380人のサンプル)がフルタイムで雇用されていました. また、50%以上が自営業者でした。 の 回答者の 10% 彼らは一つ持っていた 年俸 に達した 100万円未満(約7,270ユーロ)。

そのため、中国企業は、日本での差し迫った不満足な労働条件を利用して、数を増やし、社会的利益を提供しています。 たとえば、色鉛筆の言葉から: “生産に重点が置かれる環境を作るために、彼らは雇用されています フルタイムのファシリテーター そして彼に提供した 交通費・宿泊費“。

これに加えて、中国人はより持続可能な環境で働く可能性にも注目しています。 色鉛筆には、例えば、 「残業が少なく、締め切り前でも残業が少なく、柔軟な勤務時間制」。 したがって、中国のスタジオは、搾取されることにうんざりしている日本の才能を引き付ける方法を見つけました. 同社が伝えたいメッセージは次のとおりです。 「見る人がアニメを楽しむためには、作り手の心が満たされなければならない。」

このように日本のアニメ市場に注目したいのは中国だけではない。 また ネットフリックス、 例えば、彼は2018年に東京のアニメーション会社と契約を結びました。 予算の3倍 他の日本企業の平均支出と比較して。

実際、日本のアニメーション会社で最も普及しているシステムは、 「ものづくり委員会」. このシステムでは、出版社、放送局、およびその他のエンティティが制作費を分担します。 これには、 アニメーターの限られた予算、 仕事がうまくいっていても、非常に低い給料を受け取る人。

日本には 260 を超える制作スタジオがありますが、 帝国データベース 少なくとも 30% アニメ制作スタジオ 赤で運営 したがって、日本のアニメーション市場の困難な状況は、アニメーション部門の成長そのものにブレーキをかけました.

アニメーターの不満は異なります。 フリーランスとして雇用されているため、社会保障はありません。 報酬の割には仕事量が過大で、研修を更新しないことが多い。 多くのアーティスト 彼らはオフィスさえ持っていませんしかし、彼らは自宅で図面を作成し、準備ができたら会社の従業員がそれらを受け取ります(誰が見たのですか? 白箱 私たちが話していることを知っています)。

幸いなことに、一部の日本企業は現在、メッセージを受け取り始めているようです。 そのような魂の大成功 悪魔を退治する者あなたと歳を重ねたい 生産コストにもっと投資することは実際には利益をもたらす可能性があると確信している人もいました。

多くの工芸品と同様に、一部のアーティストは幼い頃から、アニメーターは単純であるべきだと確信してきました。 “優しい”、そして低い給料は彼自身のスキル不足の結果にすぎない. 今、私たちはそれに気づいたようです そんなメンタリティでは良い仕事は生まれない そして何よりも、業界自体を深刻に危険にさらす可能性があります。

ソース: ソモスクダサイ

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。