日本ではフロッピーディスクに別れを告げたい

デジタル経済のための金融サービスを担当する日本の大臣、すでにファックスと切手に宣戦布告したのと同じ人物 ハンコ (日出づる国で法的な質問や契約書への署名に使用されるシステム) は、多くの若い人たちが人生でおそらく一度も目にしたことのない技術であるフロッピー ディスクに別れを告げる時が来たと判断しました。

古い磁気タイプの記憶媒体は、何十年にもわたって世界中で広く使用されている記憶装置であり、明らかに日本では、約 1900 の異なる政府の手続きのために、いまだに義務付けられています。

行政・規制改革を担当する河野太郎デジタル担当大臣は、Twitterでこの問題を提起し、文書を保管して交換するこの古風なシステムに別れを告げる必要性を強調した.

河野首相は8月30日火曜日の記者会見で、「これらの慣行を早急に見直す」と述べ、岸田文雄首相の全面的な支持を強調し、とりわけ、最近ではこの種のメディアを購入することも困難になっていると指摘した. .

ブルームバーグ 書き込み 時代遅れの技術を段階的に廃止しようと奮闘しているのは日本だけではなく、たとえば、米国防総省は 2019 年に、原子力の備蓄管理システムにおけるフロッピー ディスクに別れを告げることを正式に決定したばかりです。

クラウド ストレージなどの新しいテクノロジの採用を複雑にしているのは、ご想像のとおり、官僚主義です。 日本政府のデジタルタスクフォースは、現在の取り決めの問題を浮き彫りにし、年末までに解決策を約束しています。

河野 – 元行政規制改革大臣 – は、古風な手続きに起因する国の官僚的な非効率性を繰り返し批判してきました。たとえば、多くの契約手続きや結婚許可証の取得に使用されます。

イタリアでは、最近、イタリアの行政機関および民間信奉者のオンライン サービスにデジタル ID を使用してアクセスする独自のシステムであるパブリック デジタル ID システム (SPID) を通じてリストを送信できないというニュースが話題を呼んでいます。

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です