日本と韓国の核兵器についてシンガポールはどう考えているか

ジュゼッペ・ガリアーノの記事

シンガポールのリー・シェンロン首相は、韓国と日本が独自の核兵器を配備または開発すべきであるとの懸念を強調した。 話し中 木曜日のアジアの将来に関する日経会議で、李氏は公開会談が地域の「軍拡競争」に貢献するかどうか疑問に思った.

「日本と韓国では、自国に核兵器を設置することを許可するか、それともさらに進んでそのような兵器を開発する能力を構築するかなど、デリケートな問題が公に提起されている」と彼は宣言した. 「各国が協力して繁栄する機会を最大化し、緊張が敵意にエスカレートするリスクを最小限に抑える必要があります。」

ジョー・バイデン大統領とソウルと東京の政府は、それぞれのアジア諸国に米国の核兵器を配備する可能性について公に議論していません。 しかし、バイデンとの会談後の土曜日の共同記者会見で、韓国のユン・ソクヨル新大統領は次のように述べた。 断言した 合衆国大統領は「大韓民国の防衛と抑止力の大幅な拡大に対する合衆国のコミットメントを確認した」。

「拡張抑止力」という用語は、同盟国を守るために核兵器を含むあらゆる軍事能力を使用する米国の能力を指すために、ワシントンの戦略サークルでしばしば使用されてきました。

戦略的競争が激化する中でさえ、米国と中国にオープンなコミュニケーション ラインを持つよう繰り返し求めてきたリー氏は、ワシントンとソビエト連邦が冷戦中にそのような道を持っていたことに言及し、その点を繰り返した。 .

ニュースレターを購読する

ニュースレターを受け取るには、メーリング リストに登録してください

登録が完了すると、登録を確認する必要がある電子メールが送信されます。 EnergiaOltreからありがとう!

間違い

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です