日本にはレトロな自販機を集めている人がいる(全部試せる)

自動販売機に関して言えば、日本は数と種類の点で他国に先んじています。 日本語は互角だった 定義済み 世界初の機械国家。 また、テクノロジーの進歩により、販売される製品の機能と種類は常に増え続けています。

ただし、これらすべての発見をまとめた場所が 1 つあります。 神奈川県相模原市の中古タイヤ販売店は、各時代の完全に機能する約 100 台の自動販売機を天蓋の下に配置し、スマートフォンから新鮮な野菜まであらゆるものを販売しています。

ほとんどのマシンは、ソフトドリンク、ジュース、エナジードリンク、紅茶、コーヒーなどのソフトドリンクを約100〜200円、プラスまたはマイナス70ユーロセントで販売しています. そこを訪れた日本のジャーナリスト、高木遥さんは、彼が定義した 「ディストリビューターのメッカ」、

「大多数の訪問者は自動販売機のためにここにいます。その多くは、他の場所では見つけることが不可能ではないにしても難しいものです – 高木氏は書いています – ガラスの屋根の下を歩くことは、レトロなディスプレイを備えた古い学校の機械のように、時間をさかのぼるようなものです.見渡す限りの機械がずらりと並んでいます。さらに印象的なのは、それらがすべて揃っていて、完全に機能していることです。」

多かれ少なかれ有用なアイテムのディストリビューターの不足はありません: 傘から焼きたての麺、 おみくじ「未来が予測される」紙幣、お守りの可能性、 おまもり.

しかし、自動機械は日本で発見する宇宙全体です. そして、このコレクターが驚くかもしれませんが、東京も例外ではなく、ビデオブロガーのマルコ・トーニが語っているように、世界でも類を見ない、昆虫でさえ配信できる配信者がいます。

日本が自動販売機の本場である理由はいくつかあります。 人口が非常に多い国であり、人手が不足しているのかもしれません。 また、世界で最も安全な国の 1 つであり、機械を改ざんして顧客の商品やお金を盗むことを夢見る人はほとんどいません。 繰り返しになりますが、彼は箱のようなものではありますが、常にオートマトンに魅了されてきました. 問題は、何十年もの間、これらの自動販売機は西洋で人気の漫画に登場し、現在では「自動販売機」は日本をはるかに超えて象徴的なものになっているということです.

Kitamura Yori

「コミュニケーター志望。認定トラブルメーカー。食中毒。ベーコン愛好家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です