日本のお店の発想

PS5はどこにも見つからない. 2020 年 11 月の発売以来、ソニーの最新フラッグシップの本拠地である日本を含め、誰も惜しまないというマントラです。

日出ずる国の在庫状況が歴史的な低水準に戻ったため、 地元のディーラー 彼は、PlayStation 5 をそのユーザーに確実に提供するための独自のアイデアを考えるよう「強制」されました。それは、PlayStation 4 を所有している人だけに販売するというものです。

PS5はPS4所有者のみに販売:日本の小売業者のアイデア

戦略は、という意図で生まれました 自慢現象を遅らせる、日本でも非常に強い。 GEO の小売業者は、ダフ屋を止めようとすでにいくつかの戦略を試みていましたが、オンライン ストアで偽の ID を使用するなどの不正な手段を使用して、コンソールの在庫をいくつか購入することに成功していました。

今度は、スキャルパーが PS5 を手に入れることを可能な限り回避するための、おそらく最良のスキミングと定義できるものがあります。 実際、新しいコンソールを購入するには、 小売業者は引き換えに PS4 を要求します. 独特ではありますが、この新しい要件は、2022 年 8 月 19 日から、実際の宝くじに当選した人に対して有効になります。

2022 年の最後の数か月間、特にクリスマス休暇の前後に状況が改善されることが期待されます。 ソニーグループ株式会社の取締役副社長兼最高財務責任者兼営業担当者兼取締役会会長である十時宏樹は、最近のインタビューで次のように述べています。 PS5の生産加速 2022 年の第 2 四半期に。

これはつながる可能性があります コンソールの可用性の向上 イタリアを含む今年の最後の月。 ただし、クリスマスが近づくにつれ、需要がさらに高まることは承知しています。

この記事にはアフィリエイト リンクが含まれています。これらのリンクを介して行われた購入または注文により、当社のサイトはコミッションを受け取ることができます。

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。