日本のコンパクトSUVのすべての機能

新しいマツダ CX-5 は、利用可能な多くの構成とさまざまなバージョンのおかげで一般に公開されているマツダのコンパクト SUV です。 エンジンはディーゼルとガソリンの両方で、トランスミッションはオートマチックで四輪駆動です。

寸法と長さ: 455cm X 184cm X 168cm

いつものように、あなたから始めましょう 切る: 長さ 4,550 mm、幅 1,840 mm です。 その高さは 1680 mm ですが、ホイールベースは市場に出回っている多くの SUV と一致しているため、2700 mm です。

エンジン:ディーゼルとガソリンがあります

新しいモデルは、マツダ CX-5 の以前のバージョンのエンジンを確認し、150 馬力と 184 馬力の 2.2 ディーゼル エンジン、165 馬力のガソリンを引き続き提供します。 気筒休止技術搭載 手動ギアボックスと 194 hp の赤緯で、2 輪駆動と i-Activ AWD 全輪駆動の両方を備えています。 すべてのエンジンはオートマチック トランスミッションを提供しますが、マニュアルは 150 馬力のディーゼルと 165 馬力のガソリンでのみ利用できます。 オートマチック ギアボックスを備えた AWD ガソリン バージョンには、オフロード マッピングも装備されています。

2022 マツダ CX-5

オプション: ビジネスとエクシード

前述のように、マツダ CX-5 には 2 つのバージョンが装備されています。

会社:

-フルLEDマトリックスヘッドライト

– 10.25インチスクリーンのインフォテインメント

– バイゾーン気候

・19インチアルミホイール

– リアカメラ

このバージョンに追加されます ビジネスパッケージ また、ヘッドアップ ディスプレイ、360° モニター、電動トランク リッド、携帯電話用のワイヤレス充電システムも追加されています。

2022 マツダ CX-5

超えた: ビジネス機能に加えて追加されます

– マトリックス LED ヘッドライト

・ボーズのオーディオシステム

– 電熱フロントシート

– アダプティブ クルーズ コントロールとトラフィック システム

このバージョンと組み合わせることができます エクシードプラスパッケージ レザー シート カバー、フロント シートの電動調整およびベンチレーション、電動リア シートおよびサンルーフ (AWD バージョン用) を装備

バージョン: よりアスレチックなほむら

装備に加えて、車に個人的なタッチを与えることができるバージョンもあります。 ここでは、ニューグラウンド版、ほむら版、シグネチャー版のそれぞれ異なる「キャラクター」をお選びいただけます。

マツダ CX-5 新境地 シルバーのフロントとリアバンパーとドアトリム、ブラックのサイドミラー、グリルのライムグリーンのアクセント、ブラックカットアウトの19インチアルミホイールが特徴です。 パッセンジャー コンパートメントのインテリアも、ステッチとアニス グリーンのエアコン吹き出し口とスエードの張り地に変わります。

マツダ CX-5 ほむら もっと見える ジョック ボディワークのグロスブラックトリム、19インチアロイホイール、レッドのグリルアクセント。 赤い色は、シート、ステアリング ホイール、ギア レバー、ドア パネルのブラック レザーのステッチにも反映されています。

マツダ CX-5 サイン シルバーカラーの 19 インチ アロイ ホイールと、ナッパ レザーと本物の木目調のダッシュボードが特徴的なキャビン インテリアがエレガントなスタイルを際立たせます。

2022 マツダ CX-5 の価格は?

ビジネス トリムの 2002 年のマツダ CX-5 は持っています 開始価格 35,000 ユーロ. 最上位バージョンであるスペシャル シグネチャー バージョンの価格は 41,350 まで上がります。

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。