日本のポップカルチャーはもはや簡単に輸出できなくなった

アニメ、マンガ、寿司とラーメン、ファッション。 日本の文化的製品は、世界で最もよく知られており、最も高く評価されています。 何十年もの間、アジアの国は、ポップカルチャーの国際的なアイコンとして、集合的な想像力の中で自分自身を押し付けてきました. それだけでなく、日本ブランドには、典型的な料理、着物、武道、桜、東京と京都の風景など、日本文化の伝統的な側面も含まれています。 この国には誰もが楽しめるものがあり、その魅力は何世代にもわたって魅了されてきました。

東京はこの文化的宝物を十分に認識しており、それは実際に商業的な意味で、そして何よりもソフトパワーの観点から利用することができます. その意味で、日本のポテンシャルは計り知れません。 エンターテインメントと文化という、世界から見たこの国の特徴的な要素は、「日本ブランド」の魅力を生み出すことに貢献しています。 しかし、これらの要素を悪用しようとする試みは、まったく効果的ではありませんでした。 確かに、国に由来する市場性のある文化的製品を促進するための政府の取り組みは、巨大なものになっています。 公金の無駄遣い.

この事業の中心にあるのが、クールジャパンと呼ばれる官民ファンドです。 この基金は 2013 年 11 月に、マンガ、アニメ、日本映画、テレビ番組を促進するために、500 億円または約 5 億ドル (プロジェクトに関心のある企業からの追加の 1 億ドル) の初期投資で設立されました。 、食、ファッション、デザインを世界中で。 観光、クリエイティブ産業、知的財産、文化財の大規模消費、これらはクールジャパンの使命の核心にあるキーワードです。

経済産業省クリエイティブ産業課長の伊吹英明氏は、ファンドの立ち上げ時に指摘したように、この分野で事業を行う企業は「中小企業になりがちです。 お金も経験も足りない彼らにとって、海外への事業展開は大きな挑戦でした。 政府はこの基金を通じて、これらの企業が国際市場にアクセスし、日本製品の消費を促進し、観光客の流入を増やす能力を支援するために、さまざまなプロジェクトに投資してきました。

しかし、投資は思い通りにはいきませんでした。 2016 年 10 月、クールジャパンと三越伊勢丹ホールディングスは、クアラルンプールに日本をテーマにしたハイエンドのショッピングセンターをオープンしました。しかし、このプロジェクトはすぐにはほとんど商業的な成功を収めることができず、2018 年 6 月にファンドは開示することなく、約 10 億円の出資を終了しました。販売コストはかかりますが、それでも初期投資よりもはるかに低いと考えられています。 もう 1 つの同様の事例は、多くのアジア諸国で日本のテレビ番組を提供するチャンネルである Wakuwaku Japan のプロモーションのためのスカイパーフェクト JSAT とのパートナーシップでした。 44億円の投資にもかかわらず、プロジェクトは実際には開始されず、損失はすぐに蓄積されました。 チャンネルは昨年3月に閉鎖されました。

クールジャパンの難しさは以前から知られていた。 2018 年 4 月、監査委員会は、ファンドの損失と利益に関する調査結果を発表しました。2016 会計年度の終わりに、クールジャパンが 17 の異なるプロジェクトに投資した 310 億円のうち、約 45 億円が投資されました。失われました。 残念なことに、多くの場合、資金を提供するプロジェクトの選択は、顧客主義者の論理と明らかな利益相反によって歪められてきました。 日本政府自身も認めているように、クアラルンプールのモールへの投資は、官民ファンドの元CEOと三越伊勢丹の会長との友情によって促進されました。

そのため、当時スカイパーフェクトJSATホールディングスの社外取締役を務めていた飯島一信会長がWakuwaku Japanへの参加を強く希望していたという情報もある。 クールジャパンの元従業員からの報告によると、意思決定プロセスは非常に汚染されていました.典型的な長崎のケーキを販売することになっていたアメリカのコーヒーチェーンに投資したにもかかわらず、彼の背後にあるコンソーシアムの管理能力についての疑いのために拒否されました. 、プロジェクトは後に復活しました。

当時、ファンドの社外取締役の 1 人は、長崎コンソーシアムの重要人物の 1 人の親友でした。 のように、どのように 書き込み から 日経アジア迅速な結果を得たいという願望は、ファンドがそのリーダーの個人的なプロジェクトに干渉することを余儀なくされるようなものです。

クールジャパンの創設以来、一部の人々が恐れていたこの公金の浪費は、間もなく終わりを迎える可能性があります。 財務省の委員会は 6 月 20 日、短期間で決算を行わない場合、ファンドを閉鎖または統合する可能性があるという結論に達しました。 パンデミックによる制限と社会的距離の確保により、クールジャパンの投資額は2020年に急落し、231億円の損失をもたらしました。 被害を最小限に抑える試みにもかかわらず、損失は 2022 年 3 月までにさらに増加し​​、309 億円になりました。 政府の投資総額に、プロジェクトに参加した数十社の出資を加えると約1066億円。

10年近くにわたり、日本は、クールジャパン基金が支援するはずだったセクターに具体的な利益を実際に提供することなく、巨額の公的資金を浪費してきました. この戦略の失敗により、多くのクリエイティブ部門は、他の非常に競争の激しい現実の進歩とともに放置されました. コンピュータ アニメーションの分野では、中国は急速に発展しています。巨額の投資と財源を利用して、中国のスタジオはオンライン プラットフォームが提供する機会を利用して、日本の同業者と競争しています。 しかし、最も熾烈な競争を繰り広げているのは、間違いなく韓国です。韓国は、過去 20 年間にエンターテインメントとポップ カルチャーの分野で多くの国際的巨人を輩出してきました。

日本、 いまだにマンガの世界有数の市場である、韓国のテクノロジー大手カカオの子会社であるピッコマなど、国内のオンラインコミックストアの破壊的な成功のおかげで、韓国の漫画家によって徐々に征服されています. テレビ番組の観点からも、韓国企業は日本国内市場での地位を確立しようとしている。

パンデミックは、エンターテインメント、レストラン、観光、そして文化の世界全般に非常に大きな打撃を与えました。 日本だけでなく、どこでも。 しかし、さまざまなプレーヤーがネットワークを形成できるようにする有機的かつ機能的なサポートがなければ、日本企業はクリエイティブ産業の群島のままであり、この分野の世界の巨人の間を移動することを余儀なくされます. 文化は報われないと言う人は誰でも間違っています。 ポップであれ伝統的であれ、文化とその製品は、注目、興味、魅力を広めるのに役立つ国への驚異的な窓です. もちろん、日本に欠けているわけではありませんが、まだその可能性を最大限に引き出すことができていません。

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です