日本の猛暑: 政府は 3 か月間の省エネを開始

日本の家庭と製造活動は、ここ数日の記録的な気温による供給停止のリスクを回避するために、本日 7 月 1 日から 3 か月間の省エネルギー期間に入りました。 これは日本のマスコミによって報道され、日本政府は7年間同様の要請に頼っていなかったことを想起した. 6 月の異常な気温上昇がエネルギー需要を押し上げており、真夏にはさらに増加すると予想されています。 日本政府は具体的な省エネ目標を数値化していませんが、経済活動や健康に負担をかけずにエネルギー消費を削減するよう国民に呼びかけています。 ここ数日、日本の総理 岸田文夫 彼は、特に化石燃料の段階的廃止の状況において、十分な供給を確保するために、日本は民生用原子力部門を完全に利用することに戻らなければならないと述べた。

日本政府は、先週末から記録された急激な気温の上昇とネットワークの問題により、今週の初めからすでに東京とその周辺での電力使用に関する警告を発していました。 経済産業省は、東京電力が運営する電力網の利用者に対し、特に午後3時から午後6時までの時間帯に家庭ごみを減らすなどの節電を呼びかけている。 しかし、政府は熱中症のリスクを減らすためにエアコンの使用を促しています。

日本政府は、価格とエネルギー供給を安定させるために、民生用原子炉を再稼働させ、原子力エネルギーの利用を最大化するための断固たる行動をとります。 岸田文夫首相は5月末、「安全を最優先に再稼働に向けた具体策を講じるが、政府は既存の発電所を新しいインフラに置き換える計画はない」と述べた。 2011 年の福島原発事故の後、日本は民生用の原子力部門全体を停止し、それが国の総エネルギー需要の約 30% を供給していました。 現在までに、以前に稼働していた 54 基の原子炉のうち 9 基のみが稼働を再開していますが、24 基は廃止されているか、まもなく廃止される予定です。

世界のエネルギー サプライ チェーンの回復力に関する不確実性は、ウクライナでの軍事紛争によって悪化し、今後数か月のエネルギー価格の低下を妨げます。 これは、日本政府が 6 月 7 日に発行したエネルギー白書の年次版によって確認されています。 この文書は、ロシア極東のサハリンでの石油とガスの採掘プロジェクトへの参加を維持する必要性を強調している。 白書は、昨年 3 月に終了した会計年度を、世界のバランスが劇的に変化した時期であると説明し、ウクライナで継続している紛争が、世界的な脱炭素化政策の影響と相まって、世界のエネルギー コストの新たな上昇につながる可能性があると警告しています。未来。

報告書によると、「日本経済にとっての優先事項は、エネルギーの生産性を高め、エネルギーの輸入価格を可能な限り抑えることであり、エネルギー源と供給者の多様化に努めることである」。 この文書は、進行中の世界的なエネルギー危機を、世界的な気象ダイナミクスの変化、自然災害、パンデミックの出口段階における化石燃料関連プロジェクトへの投資の欠如など、多くの要因に起因していると考えています。 この力学に加えて、ここ数か月で、ウクライナでの紛争によって生じた不確実性が加わりました。

他のニュースも読む ニュース ニュース
Nova News ソーシャル メディアでフォローしてください。 フェイスブックツイッターリンクトインインスタグラム、 電報

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。