日本の銀行大手である野村は、暗号通貨に焦点を当てたベンチャーキャピタル会社を立ち上げています

日本の投資銀行大手である野村ホールディングスは仮想通貨の世界に参入しており、新会社は今後数か月で一連の「新しいソリューションと製品の提供」を発表する予定です。 野村は、日本最大の投資銀行の 1 つであり、日本で最も古い銀行の 1 つです。 投資会社の野村證券は、1925 年に大阪で 97 年前に設立されました。

新しい Laser Digital Holdings はスイスに登録された投資会社で、セカンダリー トレーディング、ベンチャー キャピタル、クライアント プロダクトという 3 つの垂直サービスの創出を目指しています。 新会社は、Jez Mohideen が CEO として、Steven Ashley が Laser Digital の社長として監督されます。

野村のプレスリリースによると、スイスは国の発展とその「強固な法的環境」のために選ばれました。

野村の社長兼 CEO である奥田健太郎氏は、デジタル開発の最前線にとどまることが主な目標であると述べました。 このため、同社の拡大努力の一環として、野村は今年初めに仮想資産に焦点を当てた新会社の設立を発表しました。

仮想通貨が好きで、取引を始めたいですか? 上で eToro プラットフォーム 60種類以上の仮想通貨を取引できます!

野村氏の新しい提案は、ナスダックが火曜日に発表した新しい仮想通貨カストディ パートナーシップの発表に続くものです。 さらに、野村とナスダックの声明の前に、シタデル・セキュリティーズ、チャールズ・シュワブ・コーポレーション. と Fidelity Digital Assets は、個人と企業の両方にサービスを提供する暗号通貨交換を構築するという野心的な共同作業を開始しました。 3 つの金融会社はプラットフォームを EDX Markets と命名し、シタデル証券の元幹部ジャミル・ナザラリが取引システムの CEO に任命されました。

水曜日、日本の金融大手野村は、Laser Digital の最初の売り出しは、Laser Venture Capital と呼ばれるベンチャー キャピタル (VC) 会社になるだろうと述べた。 野村のプレス リリースによると、この新会社はデジタル環境の企業に投資し、特に Web3、cefi、defi、ブロックチェーン テクノロジーに重点を置いています。

Kitamura Yori

「コミュニケーター志望。認定トラブルメーカー。食中毒。ベーコン愛好家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。