日本はイタリア組でベルギーを引き離す。 カナダの会社 – OA Sport

ワールドカップの第2グループステージが開幕 女子バレーボール 2022. 日本がベルギーに3-1で勝った (21-25; 25-20; 25-16; 25-22) ロッテルダムで組織された激しい直接対決で。 チームアジアは、ことわざのディフェンスで差をつけ、イエロータイガースの爆撃を止めて、カムバックを余儀なくされました。 日本はこの世界選手権で 5 度目の勝利を収め、プール E のトップでイタリアに一時的に加わりますしかし、午後 5 時 15 分に、ブルーズは大きな熱狂的な試合でブラジルと対戦することで対応する機会を得ます。

日本はすぐに使える直喩を採用した 準々決勝進出の大部分. 暴れ回るアタッカーの16点が決め手 石川真由と林琴奈、宮部愛梨12枚、甲賀サリナ艦長11枚。 今回はベルギーが足りなかった ますます所有されているブリット・ハーボッツによる30ポイント、明らかにトーナメントのトップスコアラーです。 イエロータイガーは、ノックアウトステージに到達するために戦いたい場合、中国と日本に対して頭を上げる必要があります.

午後の開始時のもう 1 つの試合では、ウッチでプレーされ、プール F で有効です。 一番人気のタイを3-1で下したカナダの予想外の快挙 (25-19; 25-21; 23-25; 25-22)。 北米はタイブレークでドイツを破った後、このフェーズに入りましたが、アジアも最初のフェーズでトルコをレギュラー化することができました。 カナダはタイを追い越して 4 位に浮上、後にドイツと道を横切るトルコと並んでいます。 フォワードのキエラ・ヴァン・リクとアレクサ・グレイは、それぞれ24ポイントと25ポイントで、コクラム・ピンピチャヤ(24)とコンギョット・アジチャラポーン(16)を上回った。

写真:FIVB

Kawasaki Michinori

「ベーコンマニア志望。受賞歴のある学生。インターネット開業医。アルコール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です