日本は射程3,000kmの極超音速ミサイルを開発する準備ができている

日本の防衛省は、射程が約 3,000 km の長距離極超音速ミサイルの開発を計画しており、今後 10 年間から配備される予定です。 本日、共同通信が事情に詳しい関係者を引用して報じた。 特に、東京防衛計画では、10 年以内に射程 2,000 km、2035 年までに射程 3,000 km のミサイルの開発が想定されています。これらの発射体は、全国の標的に到達することができます。 北朝鮮 そして広い地域で 中国.

このニュースは、日本政府が今月、国家安全保障戦略、防衛計画大綱、中期防衛計画の新しいバージョンを採択した後にもたらされました。 日本政府によって開発された新しい防衛概念は、NATO 諸国と同様に、国防予算を GDP の 2% に倍増するという目標に主な表現を見出しています。 2023~2027年の防衛予算は43兆円程度に増加 (3,180億ドル)、現在の 5 年間の支出計画よりも 50% 以上増加しています。 当初計画から約27兆4000億円の増加は、前例のない「反撃能力」の採用やサイバー空間での戦争ツールの強化など、日本の軍事力の「量的・質的」革命を反映している。

主要な地域の敵国によって開発されている弾道兵器の脅威に対処するために、日本は本質的に、長距離戦力投射用の兵器システムを取得することに対する自主的な禁止として、憲法上の平和主義の衰退を放棄しました。 安倍晋三首相とともに、東京はすでにヘリコプター空母をF-35B戦闘爆撃機を使用できる本物の軽空母に改造し始めていた。 政府が採用した新しい指令はさらに進んでおり、弾道ミサイルの取得と開発を許可して、第三国の領土にあるミサイル発射サイトを先制攻撃し、すでに兵器庫に供給されている新しい極超音速ミサイルを迎撃します。 ロシアと中国. しかし、日本の防衛にとって最も差し迫った優先事項は、弾薬備蓄と軍事要素の拡大と、北アジア戦域からインドへの武器と物資の迅速な動員に必要な兵站網の抜本的な見直しである。 今日まで、日本の自衛隊は長引く紛争を維持するために必要な弾薬を欠いており、既存の備蓄のほとんどは、冷戦時代の構成に基づいて、国の極北に集中しています. .

新しい政治的方向性には、軍隊の指揮構造の再定義、およびグローバル戦闘航空計画の最近の発表が含まれる枠組みの中での戦争システムの近代化への一般的な推進力も含まれます。 (Gcap) イタリアとイギリスと協力して新世代の戦闘機を開発する。 しかし、日本の防衛への野心はいくつかの障害に直面している. 最も差し迫った問題は、再軍備の資金を調達するために必要な莫大な資源を見つけることである. 岸田首相は、この点に関して、日本は今後数年間で財政圧力が徐々に強まるだろうとすでに発表している。 政府が採用した計画についての当惑は、さまざまな日本の防衛専門家からも寄せられています。第一に、軍隊の数を増やすための措置が欠如しており、10 年以上法律によって最大 247,000 ユニットに制限されています。

他のニュースも読む ニュース ニュース
Nova News ソーシャル メディアでフォローしてください。 フェイスブックツイッターリンクトインインスタグラム、 電報

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です