日本は経済を活性化するために若者にもっと飲ませようとしている

日本は経済を活性化するために若者にもっとアルコールを飲ませようとしている.

サヴェリア・ルッソ – 若者のアルコール離れは、ポジティブな傾向として一般的に歓迎されています。

しかし、それはアルコール税の収入が人口とともに減少するのを見ているアルコール会社や政府にとっては悪いニュースです.

日本の国税庁は明らかに懸念している:それはオンライン競争で、日本の若者にもっと飲酒させるために型破りなアプローチをとっている. 酒ビバ!

このプロジェクトでは、若い世代に新しい世代をアルコールに惹きつけるための事業計画を考え出すよう求めています。

競争は、飲酒を控える日本人の傾向に反する.

日本の厚生労働省によると、日本のアルコール消費量は1990年代以降減少している。 過去 10 年間、日本政府はアルコールに関連する社会問題や健康問題に取り組むための抜本的な計画を採用してきました。これは、日本の総アルコール消費量のほぼ 70% を占める比較的少数の人口にリーチすることを目的としています。

コロナウイルスの制限により、多くの人が日本の居酒屋(パブ)ビジネスを訪れることができず、人々は単に家で十分に飲酒していないと歳入庁は述べた.

少子高齢化など人口動態の変化により、国内の酒類市場は縮小傾向」、およびコンテストのために特別に作成されたサイトによると、アルコールの消費から離れたライフスタイル.

時代の変化を反映した新商品。 仮想概念を使用した販売」AIとメタバース; 製品の原産地を利用したプロモーション: これらは、サイトがリストしている、日本の若者にアルコールを受け入れるように誘惑するためのアイデアのほんの一部です.

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。