日本はAI制御の無人戦闘ドローンを開発しています

国防総省 日本は、無人航空機の開発計画に関する新しい詳細を発表しました。 空軍クルー。

特に、日本の航空自衛隊は、戦闘機のパイロットからの命令を受けて編隊を組んで飛行する無人ウィングマンと、 弾道ミサイル防衛 ミサイルの脅威を追跡するためにセンサーを使用する高高度での(BMD)。

BMDプレーン それは実用化されるはずです 2030年頃一方、戦闘機の前を飛行する無人群生ドローンは、 今後15~20年. ウィングマンの 2 番目のバージョンは、弾薬を発射し、盾として機能します。 入ってくる脅威を自分自身に向ける 有人ハンターから遠ざかる。

これらの無人航空機の開発については、 購買部門レポート日本の防衛省に提供された取得、技術および物流庁(ATLA) 航空週間.

複雑な空中操縦を実行できる自律システムをプログラミングすることの難しさを考えると、ほとんどの国は 地上対空プラットフォーム. の 日本、 しかし、彼はより楽観的であるようで、無人航空機が彼の高度な航空機と一緒に飛行できることを望んでいます。 ステルス戦闘機L’F-3現在開発中であり、製造日があります 2027年に予定.

日本のF-3 無人のウィングマンを制御するようにアップグレードできます。 有人狩猟 飛行隊長からの命令を受ける。 レポートによると、彼らは指定されたターゲットを攻撃したり、特定のエリアを検索したりできます。 ドローン その後、彼らは独自に決定します パイロットの命令を実行する最善の方法。

仕組みは次のとおりです

しかし、 ウィンガープログラミング 無人 必要になります 高度な人工知能システムドッグファイトで無人航空機を使用することには大きな利点があります。 人間のパイロットが決して抵抗できなかった操作を実行する そして持っている 反射神経 人間のパイロットが夢にも思わなかった。

ドローンはまた、入ってくるミサイルの脅威を迎撃し、機動によって無力化することもできます。 電磁波対策 または、最終的な結果として、ミサイルに影響を与えます。 パイロットを保護するためにドローンを犠牲にすることは、 最後の手段だけ 無人のウイングはミサイルよりもはるかに高価です。

無人機兵 だろう F-3に特に役立ちます現在、「」の戦闘機になるように設計されています高抵抗重武装 機動性を犠牲にして。

別の可能性は、有人ハンターが遅れをとっていることです。 メインハブ 自律武装したウィングマンが前方に飛んでいる間 目標を追求する.

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。