日本はNATOとのパートナーシップを強化するつもりです

日本は、ウクライナでの軍事紛争を踏まえ、NATOとのパートナーシップを大幅に強化する決意であり、ヨーロッパの安全保障はアジア地域の安全保障と切り離すことができないと考えています。 これは、スペインのマドリッドで開催中の大西洋同盟サミットの傍観者である日本の岸田文夫首相によって繰り返されました。 NATO は、日本、韓国、オーストラリア、ニュージーランドの首脳をサミットに派遣しており、ブリュッセルに拠点を置く NATO はアジアの重要な同盟国と考えています。 サミットの予想される結果を概説する米国政府の文書によると、NATOとインド太平洋4か国は、安全保障分野での協力と調整を強化するためのロードマップに合意し、「共通の利益の問題に関するより緊密な政治的協議と協力を保証する」 」には、サイバー脅威、海上保安、テロとの戦い、気候変動との戦いが含まれます。

現在マドリッドで開催されているNATOサミットに日本、韓国、オーストラリア、ニュージーランドが参加することは、「アジア版NATO」の創設に向けた第一歩を表すものではない. これは、6 月 23 日にホワイトハウス国家安全保障会議の戦略通信コーディネーター、ジョン・カービーによって述べられました。 「(四か国の参加)これはアジア版NATOではない。 NATO は大西洋横断の安全保障同盟である」と当局者は語った。 カービー氏は、4カ国のアジア太平洋サミットへの出席は「ヨーロッパとインド太平洋の間の世界的な安全保障の絆を示している」と付け加えた. 「もはやどちらか一方ではありません」と当局者は付け加えました:「ヨーロッパで見られるのと同じ種類の領土保全と主権に対する攻撃がインド太平洋でも発生する可能性があります。」.

岸田氏は、大西洋同盟首脳会議に参加した最初の日本政府首脳である。 ドイツが主催する G7 サミットと同様に、NATO サミットは、ロシアのウクライナ侵攻への対応に焦点を当てています。 岸田氏は、「武力による一方的な現状変更の試みは、世界のどこであろうと容認できない」と強調する意向を繰り返した。 マドリッド首脳会議で、NATO の指導者は、中国の急速な軍事化や秩序を損なう試みなど、同盟が直面する新たな安全保障上の課題を設定する新しい戦略的概念に合意することが期待されています。 日本以外にも、NATO は韓国、オーストラリア、ニュージーランドを首脳会議に招待している。

今週、日本の首相は昨日、世界の先進7カ国グループ(G7)の仲間の指導者たちに、ロシアの中国侵略から他の国々が「悪い教訓」を学ぶのを防ぐために団結するよう促した。北京が台湾に対して軍事作戦を試みており、より一般的にはインド太平洋における対立のレベルを上げているという東京の懸念。 「インド太平洋地域では、力ずくで現状を変えようとする試みがますます頻繁に行われています」と岸田氏は述べた。 「他の国がウクライナの状況から間違った教訓を学ばないようにしなければならない」

日本の岸信夫防衛相は、ロシアと中国の海軍が日本列島の近くで繰り返し作戦行動を行っていることを厳しく批判した。 水曜日(6月22日)にカンボジアを訪問した岸長官は記者会見で、5隻のロシア軍艦が北海道から太平洋に出航し、6月中旬に対馬海峡を渡って南東日本に向かい、日本。 岸は、特に中国の軍艦3隻が最近同様の作戦を実行したため、この作戦は「ほぼ日本の包囲」を構成していると述べた。 大臣は、他の6隻の中国船が今週沖縄を通過し、太平洋に向かったと説明した。 「状況を注意深く監視する必要がある」と岸氏は述べ、今週台湾から報告された29機の中国の戦闘機が台湾の航空識別ゾーンに侵入したことを指摘した.

他のニュースも読む ニュース ニュース
Nova News ソーシャル メディアでフォローしてください。 フェイスブックツイッターリンクトインインスタグラム、 電報

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。