日本政府は急激な円安を懸念し、日銀とともに為替市場を調査している

松野博和内閣官房長官は木曜日、日本政府は最近の急激な円安を懸念しており、日本銀行とより緊密に協力して外国為替市場をより緊急に監視すると述べた。

日本のシニアスポークスマンである松野氏は、海外通貨市場における円の急速な下落を懸念していると述べた. 彼は、ここ数ヶ月の主要な政治指導者によるコメントを繰り返した.
金融介入についてはコメントしなかった。

松野総裁は定例記者会見で、日本は金融政策の変更と米国のインフレ傾向が日本と世界経済に与える影響を引き続き監視すると述べた。

円安に関する記者の質問について、松野氏は、木曜日の朝、年間消費が4年以上で最高の上昇を記録した後、20年ぶり(1998年9月)に1ドル138円まで円が下落したと述べた。連邦準備制度理事会が予想よりも積極的に金利を引き上げる可能性があるという懸念が高まっています。

一方、日銀は 20-21 日の会合で超低金利を維持すると予想されており、円安を加速させた中央銀行の利上げの世界的な波からの乖離が拡大していることを強調しています。

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。