日本:円は引き続き下落、対ドルで32年ぶりの安値

ニューヨーク証券取引所の最後の取引セッションで、円はドルに対して 149 の壁を突破し、32 年ぶりにドルに対して新たな安値を付けました。 日本の通貨は、連邦準備制度によるさらなる積極的な利上げの期待に引き続き苦しんでいますが、日本銀行 (BoJ) は、世界のほとんどの主要銀行とはまったく対照的に、超拡張的な金融政策を維持しています。 日本の財務大臣、 鈴木俊一、国際通貨市場における円の変動に対抗するために、日本は「適切な」措置を講じる用意があることを本日改めて表明した。 東京は先月すでに外国為替市場に直接介入しており、投資家は日本の通貨に対する投機的な圧力に対応して、同様の操作をさらに排除していません。

日本の岸田文夫首相は昨日、現在の中央銀行総裁である黒田東彦の任期が満了する来年4月に、日本銀行の指導者として「最も適切なプロファイル」を選択するつもりであると述べた. 首相の発言は、中央銀行の総裁が早期に交代するという仮説を否定し、退任する総裁に対する新たな信任状のように聞こえる。 日銀総裁は、円に対する大きな圧力にもかかわらず、現在の超拡張的な金融政策が経済の回復を支えるために必要であると日銀が考えていることを日曜日に繰り返した.

先週、日本の鈴木俊一財務大臣は、政府の決定を再確認した。 日本銀行 過度な円高への対応として「警戒感を強め、市場動向を注視している。 過度のボラティリティに対して適切な措置を講じる」と、大臣はワシントンでの G20 カウンターパートとの会合の際の記者会見で述べた。 鈴木氏は、投資家の投機による過度のボラティリティは「容認できない」と述べた。 同じ記者会見に参加した日銀総裁は、中央銀行の超拡張的な金融政策を維持する必要性を再確認しました。

岸田総理 先週、円の為替レートの変動性に対する懸念にもかかわらず、日本銀行の超拡張的な金融政策への支持を再確認した。 フィナンシャル・タイムズ紙の取材に対し、岸田総裁は黒田東彦総裁の早期解任の可能性を否定し、総裁と「緊密に連絡を取り合い」続けたいと述べた。 BoJ。 日本政府のトップによると、日本銀行の金融政策は「賃金が上がるまで維持されなければならない」. 首相はインタビューで、インフレに対応して価格を引き上げる日本企業に賃金も上方修正するよう再度促し、政府はこの方向に進んでいる「企業を支援するための措置を準備する」と付け加えた。

日本の外貨準備高は縮小している 1兆2900億ドルから1兆2400億ドル 先月末、政府とこの国の中央銀行が外国為替市場に円の為替レートをサポートするために直接介入した後。 これは、日本の財務省が発表した公式データによるものです。 東京は外貨預金を多用しており、準備金の一部は、現在1,361億1,000万ドルに達している外国為替市場に介入するためにすぐに使用できます. 日本の外貨準備高の非流動部分は、1 兆 400 億ドルから 9852 億 7000 万ドルに減少しました。 鈴木俊一財務相は、9 月 22 日の日本政府による外国為替市場への直接介入は、過去最高の 2 兆 8400 億円 (200 億ドル) の費用がかかった可能性があり、円の為替レートを安定させ、投機筋を抑止することで「ある程度の効果」があったと述べた。日本の通貨は対ドルで 24 年ぶりの安値に。 しかし、今日、グリーン通貨は、両国の金融政策に新たな相違が生じるという予測の波に乗って、145 円の心理的なしきい値を超えています。

他のニュースも読む ニュース ニュース
Nova News ソーシャル メディアでフォローしてください。 フェイスブックツイッターリンクトインインスタグラム、 電報

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です