日本:岸田氏は経験を生かし、統一教会に妥協した牧師を粛清する

日本国首相、 岸田文夫、本日、地政学的な混乱に直面して政府を強化し、自民党(LDP)への支持の低下を食い止めるために、幹部の改造を開始しました。 これらの目的のために、日本の指導者は、次のような経験豊富な人物に頼ることを選択しました。 濱田康和、67 歳、彼は 2008 年から 2009 年の間に防衛省のトップに戻ってきました。防衛費を最大 2% 増やして自衛隊を強化しようとする日本にとって重要なポジションです。国内総生産(GDP)の。 浜田氏は、統一教会との接触を認めて支持を失った岸信夫氏の後任となる。 安倍晋三元首相が山上哲也という男の手で暗殺された後、この宗派は日本で公の議論の中心にあることに気付いた.教会。

昨日の記者会見で、岸田氏は、政府と PLD の指導者の解任を発表した。 実際、この問題そのものが、昨年 10 月に就任したばかりの首相に関するコンセンサスを 3 週間で 59% から 46% に低下させた可能性があります。 元経済再生担当大臣 西村康稔 代わりに工業大臣になる 萩生田浩一 代わりに、PLD の政治指導者の地位を引き継ぐことになります。 岸田氏の選択は、萩生田氏と西村氏がメンバーである安倍前首相につながりのある、より保守的な党の支持を維持したいという首相の願望を反映している.

退任する PLD の政治指導者である高市早苗氏は、安全保障に関する積極的な見解で知られ、元防衛大臣の河野太郎氏はデジタル化担当大臣に任命されました。 両者は昨年、党の主導権をめぐって岸田首相と口論になった。 再編成には、PLD 自体の指導者も関与しました。 安倍晋三の元側近で元経済相だった萩生田浩一氏が、党の有力な政調会長に就任した。 彼は、セキュリティ政策と新型コロナウイルス対策に関する党首のさまざまな立場の統合を見つける責任があります。

今日の記者会見で、萩生田氏は、中国の軍事攻撃の増加と、台湾周辺での北京の実弾射撃訓練の一環として、日本の排他的経済水域(EEZ)の水域への5発の弾道ミサイルの最近の発射に言及した. . このため、彼は「日本の防御を大幅に強化する」ために取り組むことを約束した。 選挙戦略委員会の委員長は菅義偉元首相に近い森山浩氏、総務委員長は遠藤敏明氏が務める。 代わりに、自民党の天羽太郎副総裁と茂木利光書記長が交代した。

他のニュースも読む ニュース ニュース
Nova News ソーシャル メディアでフォローしてください。 フェイスブックツイッターリンクトインインスタグラム、 電報

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です