日本:汚染されたがれきを避難させる新しい方法が福島で研究されている

2011年の日本の原子力災害の震源地である福島原子力発電所の運営者である東京電力株式会社(Tepco)は、原子炉サイトで汚染されたがれきを処分する新しい方法を検討しています。 これは日本のマスコミによって報道され、それによると、東電が研究した新しい手順は、損傷した原子炉のすべての建屋を大型の密閉容器に閉じ込め、水に完全に浸すことである. これは東電自身から伝えられたもので、リハビリ事業を実施する候補企業の 1 社が、放射線の拡散を遮断する水の能力を利用する新しい方法論の適用において重要な概念的進歩を遂げたということです。より安全な作業環境。 しかし、日本のマスコミは強調しているが、これは現場で適用されたことのない方法論であり、このため、コストの観点からも詳細な予備分析と評価が必要になるだろう. 共同通信が引用した情報源によると、主要な技術的課題の 1 つは、水漏れが発生しないようにすることです。 東京電力が新しい方法論を採用することを決定した場合、その結果はほぼ確実に、現在推定 8 兆円 (574 億ドル) と見積もられている修復の時間とコストの延長になります。

日本の当局は、2011 年 3 月の災害の主役となった原子力発電所のある福島県双葉市に残っていた避難命令を、ほぼ 12 年ぶりに 8 月 30 日に取り消しました。壊滅的な地震とその後の津波がこの地域を襲い、東京電力株式会社が運営する福島第一原子力発電所の原子炉の部分的なメルトダウンを引き起こしました。双葉は、原子力発電所の近くにある 11 の自治体の中で、避難命令が出された最後の自治体です。 しかし、市の約80%が「居住困難」に分類され、住民が以前の家に戻ることができないケースが残っています。 すぐに再居住できるエリアは、2020年3月から通行が許可されているJR双葉駅周辺です。

他のニュースも読む ニュース ニュース
Nova News ソーシャル メディアでフォローしてください。 フェイスブックツイッターリンクトインインスタグラム、 電報

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です