日本:112人以上の国会議員が統一教会と接触したと伝えられている

統一教会による合同結婚式

ここ数日、元首相の暗殺後にニュースになった統一教会との接触や関係を認める日本の政治家や国会議員が増えている 安倍晋三この宗教的宗派を攻撃する意志を正確に持って、殺人者によって正当化されました。

先週、タブロイド紙「日刊ゲンダイ」が112人の日本の国会議員のリストを発表したときから、日本の政治に対する教会の影響力のテーマは着実に高まっている.何年もの間、彼らは宗教行事に出席したり、教会にお祝いのメッセージを送ったりしました。

このリストには、34 人の大臣、元大臣、党首も含まれています。 高官名には岸田総理も自民党茂木利光総書記も含まれていない。 一方、防衛大臣で安倍首相の弟である岸信夫大臣は、統一教会との接触を認め、「私は(教会の)何人かの信者と交渉し、ボランティアとして彼らの助けを受けた」と大臣は昨日認めた.

山上哲也安倍晋三元首相の奈良での殺人事件で逮捕された男は、安倍首相を通じて統一教会の指導者たちを攻撃したかったと語った。 「私の家族は宗教に入り、寄付のせいで私たちの生活はより困難になりました。 組織のリーダーを殴りたかったのですが、難しかったです。 だから私は阿部をターゲットにしました。彼は彼女と関係があると思ったからです。 私は彼を殺したかった」と殺人者は逮捕後に警察に語った。 山上は、安倍の殺害が行われた大和西大寺駅から約 3 キロ離れた奈良の真ん中に住んでいました。 彼は選挙集会を開いていた。 元首相を攻撃するために、容疑者は長さ約40センチ、幅約20センチの自家製の武器を使用した. 発砲後、彼はすぐに警備員に逮捕されました。 その後、警察は山神のアパートから他の同様の武器を押収した。 東京防衛省筋によると、山上容疑者は2002年から2005年までの3年間、海上自衛隊(MSDF)に所属していた。

他のニュースも読む ニュース ニュース
Nova News ソーシャル メディアでフォローしてください。 フェイスブックツイッターリンクトインインスタグラム、 電報

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。