日本GPでワイルドカードになる – OAスポーツ

2022年の世界選手権には、まだ言いたいことがたくさんあります。 フランチェスコ・バニャイアは 3 連覇を達成し、数週間前までアイリスの独占レースと思われていたアイリスのレースに復帰しようとしています。 ファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)とアレイシ・エスパルガーó (アプリリア); この 2022 年の最終プレビューは、 鈴木さん シーズン終了後に引退を表明した選手。

したがって、最大のモーター レースを 2 輪で開催する浜松の家は、世界選手権の最後のレースがキャットウォークになることを望んでいません。 9月25日に予定されているもてぎホームGPでは、テストライダーの津田拓也選手が乗る3台目のバイクをワイルドカードとしてエントリーしたいと考えていました。

4月27日に38歳になった日本人ライダーは、2015年からスズキファミリーの一員であり、2015年にMotoGPに戻って以来、主要なテストライダーになっています. 2017年には、ヘレス・デ・ラ・フロンテーラで開催されたスペインGPで、アレックス・リンスの後任として、世界選手権の有効なレースでデビューする機会もありました。: 彼にとっては、その日の勝者からほぼ 1 分半離れた 17 番目で最後の場所でした。 ダニエル・ペドロサしかし、彼のキャリアは何よりも、鈴鹿8耐での素晴らしい結果によって特徴付けられ、何度も表彰台を獲得しています。

MotoGP、サンマリノ GP 2022: カレンダー、プログラム、時間. Sky TV と TV8 ガイド

津田選手は、2015年にテストライダーとしてスズキチームに加入して以来、スズキチームの重要な一員です。 – 公式プレスリリースでチームは述べています – チームは、長年にわたるプロジェクトのサポートに対するファンと顧客に感謝するために、日本での最後の登場で日本人ライダーを自転車に乗せる機会を望んでいました.“。

写真:プレス

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。