日銀が窮地に陥り、外国人投資家が国債を手放す




日本銀行(BoJ)は金融政策スタンスを維持するのに苦労しており、外国の機関投資家がますます多くの日本の国債、先物、デリバティブを売却して、代わりに米国とヨーロッパの金利の上昇に注目しています。 たとえば、最近、ヘッジファンドのブルーベイは、他の主要な世界経済の中央銀行とは異なり、日銀がその超拡張的な政策を維持できないことに賭けて、日本の債券の空売りを開始しました。 昨日の朝、日銀は利回り目標をほぼゼロにして市場操作を継続すると発表し、市場の緊張を高めました。 これまでのところ、日銀は 10 年物国債利回りを 0.25% 前後に維持することに注力してきました。 中央銀行が 10 年債に専念していることは、米国と欧州の投資家から、日銀が間もなく金融政策の調整を余儀なくされる可能性があることを示していると見なされています。 10 年物日本国債の利回りは月曜日に 0.255% に上昇し、中央銀行の目標水準である 0.25% を上回りました。

当面、日銀は債券購入をさらに増やすことで対応してきた。6 月 14 日火曜日、日銀は、他の固定金利取引に加えて、70 億 5000 万ドルで日本の国債を購入することを申し出た。 昨日、これらの業務の継続的な拡大に加えて、中央銀行は計画を上回る 70 億ドル以上の価値の証券を購入しました。 日経新聞によると、投資家と日本の中央銀行との対決は、1992 年にイングランド銀行がドイツのマルクに対してポンドを守ろうとしたとき、イングランド銀行を主役と見なしたものを彷彿とさせます。 古い為替レートメカニズムの下で。 同年 9 月、投資家のジョージ ソロスは、英国ポンドの積極的な空売りで銀行の抵抗を「打破」しました。

他のニュースも読む ニュース ニュース
Nova News ソーシャル メディアでフォローしてください。 フェイスブックツイッターリンクトインインスタグラム、 電報







Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。