最も本を読む都市、ナポリがトップ 10 に入る

ミラノ イタリアで最も本を読む都市は、 これは、Amazon によって確立された分類から出てくるものです。 次はローマとトリノですが、2022 年に最も読まれた本はむしろ ティアメーカー (Magazzini Salani) エリン・ドゥーム作。

あなたが最も本を読む街、ナポリがトップ 10 入り

Amazonによると、トップ10の中には、6位から10位まで、フィレンツェ、ナポリ、パドヴァ、ヴェローナ、そして最後にトリエステがあります。 各都市にはそれぞれ好きなジャンルがあります。文学の本を好むミラノ人をはじめ、ローマ人は子供やティーンエイジャー向けに多くの本を購入しました。 一方、トリノの人々は日本発のオリジナルコミックであるマンガに最も情熱を傾けていますが、ボローニャの人々はスリラーを好みます。 後者は、ナポリで最もデジタル形式で読む傾向があることを確認しています。 一方、ジェノヴァ人は健康本に興味があり、フィレンツェ人は科学と技術について読み、ナポリ人はイタリアで最もロマンチックです。 一方、ベネトは経済問題や偉大な人物の伝記に専念していますが、トリエステの住民は芸術、音楽、映画なしでは生きられません。

イタリア人に最も読まれている本は Erin Doom’s Tears Maker で、ろうそくの明かりで語られた伝説が実現し、主人公の人生が感動的な小説に変わります。 著者マデリーン・ミラーの『アキレスの歌』は、最も人気のある本の中で 2 番目にランクされています。 バダオはバーリの住民に最も高く評価されています。

以下は、詳細を確認できる都市の完全なランキングです。

1.ミラノ
2. ローマ
3.トリノ
4. ボローニャ
5. ジェノバ
6.フィレンツェ
7. ナポリ
8. パドヴァ
9.ヴェローナ
10. トリエステ

2017年のAmazonランキング

2017 年、Amazon のデータによると、南部ではまだほとんど読まれていませんでした。 ミランは、紙とデジタルの両方の測定値でさらに早く確認され、トリエステとパドヴァが表彰台に続きました。 ナポリはAmazonランキングに出ませんでした。

2017年のトップ10はこちら

1) ミラノ; 2) トリエステ; 3) パドヴァ; 4) ボローニャ; 5) 30; 6) ローマ; 7) ヴェローナ; 8) フィレンツェ; 9) トリノ; 10) ウディネ。

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。