月の都市は無重力で現実になる可能性があります:これがその作り方です

月への植民地化の見通しは、ますます具体的になっています。 人工重力によって人間が私たちの衛星に住むことを可能にする月面都市の可能性についての噂がすでに広まり始めているほどです.

このアイデアは、鹿島建設と協力して京都大学の科学者グループから直接日本から来ました。鹿島建設は、人間が月に定住できるようにする月面都市のプロジェクトと、火星についても知っていることを発表しました。

このプロジェクトは、地球上に存在するものと同様の物理的条件、したがって重力および環境条件を再現できる場合にのみ実施できます。

早ければ2050年に実現する可能性のある未来的なアイデアですが、この月の都市がどのように発展するか見てみましょう.

ガラス:月面都市の作り方

上から見たムーンシティ
写真提供:鹿島建設

この無重力都市はガラスと呼ばれます。 科学者たちは、月面にルナ グラスと呼ばれる 1 つと火星にマーズ グラスと呼ばれるもう 1 つを作成するという野心的な見通しを持っています。

この都市の構造は、20 秒ごとに回転する人工重力を備えた円筒形をしており、私たちが慣れ親しんでいるのと同様の重力を再現しています。

緑地、水域、空が確実に存在する小さな都市と考えてください。 そして確かに、プロジェクトの起源を考えると、日本式の家が不足することはありません.

さらに、地球の生物多様性を再現するために森林を含めることも計画されています。 これらの未来の宇宙都市では、人間は経済活動を行うことができ、ビジネスや観光のために地球上を移動することができます.

実際、この非常に野心的なプロジェクトには、地球、月、火星の間を移動する独自の重力を生成する Hexagon Space Track System と呼ばれる公共輸送システムも含まれています。

明らかに、ガラスは達成するのが簡単なプロジェクトではなく、その実現には本当に何年もかかるでしょう. 実際、見積もりによると、完了するまでに少なくとも100年かかると予想されています。

ニール・アームストロングが初めて月に足を踏み入れたときの言葉はおそらく正しかったでしょう。 たぶん、彼は何が起こるかをすでに知っていました!

この記事は気に入りましたか? Google ニュースで DesignMag をフォローする トレンドを逃さないために!

Yamashiro Ietsuna

「誇り高き音楽愛好家。学生。Web 愛好家。問題解決者。インターネット専門家。フリーランスのゾンビ伝道師。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。