木と緑、クレッシェンツァーゴ復活の秘訣

ミラノの北東郊外にあるクレッシェンツァーゴ地区は変わりつつあります。 森と緑を通して、Rizzoli 出版社の歴史的な本社に新しい命が吹き込まれました。 このプロジェクトは「Welcome、feel at work」と呼ばれ、実行するサイトが公開されています。 日本の建築家、隈研吾氏のスタジオの計画と、植物学者のステファノ・マンキューソ氏の協力により、この構造は自然の要素を中心としたワークスペースになります。

「それはイタリア最大の木造建築物になるでしょう – 建設現場を訪れた後、ベッペ・サーラはソーシャルネットワークに書いています – そして、オフィス、コワーキングスペース、スーパーマーケット、医療センター、サービスを収容します。大きな緑の広場もあります. 「ウェルカム」の前には、Redo SGR がリーダーを務める「グリーン ビトウィーン、アーバン テキスタイル」があります。これは、手頃な価格で 350 戸の住宅を建設する社会住宅プロジェクトです。 . PineBridge Benson Elliot が管理する基金によって資金提供されたこのプロジェクトは、昨年のプレゼンテーションで指定されたように、「これまでに作られた中で最も持続可能なもの」を目指しており、「建築と仕事のデザインの進歩として、人間と幸福と環境への配慮」.

エウロパ リソルセの社長であるアントニオ ナポレオーネ氏は、「人々にとってより住みやすい労働日を作ることは、このプロジェクトによって達成された最も崇高な目的でした。自然光、騒音制御、運動への誘い、健康的な食事、ビジネス ミーティングのための広い屋内と屋外のスペース、 「Welcome, feel at work」プロジェクトは、今日の道徳的義務であり、もはや選択の余地のない持続可能性を超えています。なぜなら、それは人々を彼らの自然環境で働かせるからであり、そうして初めて、それが私たち自身の一部であり、もっと尊敬に値するものであることに本当に気付くからです. そのような条件で働くことはより良い結果をもたらし、私たちは病気にかかることが少なくなり、私たちはそうしなければならないと深く確信しています.私たちの子供たちのために、より住みやすい地球を残してください。」

「内と外、公共と私的、仕事と自由時間は、プロジェクト全体に浸透する緑の糸で結ばれたウェルカムで一緒になります – 建築業者は言いました – 豊かな植生となだらかな丘に囲まれた広場。開放的な中庭が開いています。非公式の仕事や会議を目的としたスペース; 菜園、花畑、通路を収容する屋外スペースの拡張として設計されたテラス; 仕事のためだけでなく、娯楽やレジャーのための特権的な場所になる温室手と心のために. バリアやモニュメントではなく、あらゆる方向にアクセス可能で透過的な場所.

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。