森林は 60% 減少し、現在は 1 人あたり 0.5 ヘクタール

世界中で、森林は縮小し続け、人口は増加しています。60 年間で、1 人あたりの森林面積が 60% 減少する傾向にあり、1960 年の 1 人あたりの森林面積は 1.4 ヘクタールでしたが、2019 年にはわずか 0.5 ヘクタールにまで減少しています。 . これは、日本の森林総合研究所が調整した国際的な研究の見積もりによって示されています。 公開された 環境研究レターで。

ここ数十年で、世界で最も先進的な地域では、森林地帯が増加し、時には決定的に増加しました。たとえば、イタリアでは、わずか 10 年間で森林が 18% 増加しました。スペースは継続的に削減されます。 惑星レベルで何が起こっているかを把握しようとしているのが、過去 60 年間に関連するデータを収集したこの新しい国際研究です。 調査によると、3 億 5,500 万ヘクタールの森林の成長に直面して、4 億 3,700 万ヘクタールの森林が破壊されたことが確認されています。 8,100万ヘクタールの総損失、またはイタリアの総面積の約3倍。

おそらく最も憂慮すべきデータの 1 つは、同じ期間に 30 億人からほぼ 8 人に増加した世界人口の増加に関連するデータとの組み合わせから得られたものです。したがって、60 年後には森林の減少が観察されます。一人当たりの森林面積は、1960 年の 1.4 ヘクタールから 2019 年にはわずか 0.5 ヘクタールまで、60% を超えています。生物多様性を維持し、生物多様性を維持する」と研究著者は説明し、「世界で少なくとも16億人の生活にも影響を与えています。主に開発途上国の開発において、さまざまな目的で森林に依存しています」.

森林の破壊は、主に熱帯の最貧国で発生しますが、「しかし、この研究の責任者である森林・林産物研究所のロナルド・エストークは強調します。この森林喪失で開発された最貧国の役割も、発展途上国で森林保全が強化されると、森林の損失は発展途上国に移ります。

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。