構造的な賃金上昇の時が来ました

ローマ、10 月 27 日 (askanews) – 日本は「構造的な賃金上昇」からやり直さなければならない。 岸田文夫は本日、このコンセプトを強調し、東京で開催された ReIWA – 知恵と行動のためのインフラストラクチャの再構築フォーラムで、ビジネスマンや経済学者の聴衆の前で講演し、彼の「新しい資本主義」のコンセプトを説明しました。

「年末には、新しい資本主義の実施とさまざまな分野で導入した政策に関する真実の瞬間に向かっています。 そして、それを達成するためには、構造的な賃上げが最優先されなければならない」と岸田氏は語った。


「現在の経済社会は、かつてないスピードで変化し、非連続的なイノベーションが徐々に起こる時代に突入しています。 成長分野で機敏な労働力の移動が発達するという事実は、経済成長と賃金上昇を達成することができる」と日本の首相は続けた。

岸田氏は1年前、ロンドンでの講演で「新しい資本主義」の概念を打ち出した。 この式を持つ日本の首相は、自由放任資本主義から福祉国家へ、そして福祉国家から新自由主義への転換に続く第三の転換を示している。 最初の 2 つの移行で振り子が国家と市場の間で揺れ動いた場合、「新しい資本主義は、これら 2 つの相反する要素が互いに支え合い、成長と富の再分配の好循環を生み出すことを保証することによって、これらの 2 つの相反する要素を調和させることができなければならない。


このために、日本の首相によると、人的資本に投資し、女性の労働力を解放し(特に女性の長期参加がかなり少ない日本で感じられる問題)、グリーン経済に資金を供給する必要があります。 、政府をデジタル化し、若くて革新的なスタートアップと起業家イニシアチブを促進します。

このアプローチに対する批判者は、世界経済の背景が完全に変化したため、岸田氏が日本の好景気の成長戦略に戻ろうとする試みは失敗に終わったと見ています。


岸田氏は、安倍晋三元首相の経済政策「アベノミクス」が、伝統的にそれを認めない日本の貧富の格差を悪化させているという理由で批判した後、この考えを思いついた. 差別化の一種。 現在の首相は、キャピタルゲイン税を現在の 20% から引き上げてから元に戻すことも提案しています。

首相は実際に結果を出さなければなりません。 世論調査によると、国内のコンセンサスは 30% の臨界しきい値を下回っており、これもウクライナでの紛争によって引き起こされたエネルギーの高コストと、円を四半世紀で最も低い変化であり、家計に圧力をかけ、消費を減らすことで反応する可能性があります。

それだけではありません。 日本の労働力は、人口動態の危機により崩壊しています。 日本人の 28% が 65 歳以上で、出生率は記録的なマイナス レベルにあります。 さらに悪いことに、移民に対する日本の政策の敵意は、国に新しいエネルギーをもたらさない.

Yamashiro Ietsuna

「誇り高き音楽愛好家。学生。Web 愛好家。問題解決者。インターネット専門家。フリーランスのゾンビ伝道師。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です