橋本大樹、パリ2024に注目

「道が見える」。

わずか21歳でオリンピックチャンピオンを目前に控えたアスリートの言葉。

それは 橋本大樹1 年前の 7 月 28 日に、男子総合で新しいオリンピック チャンピオンに輝いた 東京 2020.

当時のダブルチャンピオンと男子体操の真の「GOAT」を追い出し、 内村航平かつての超人的な体の消耗のためにバーでしか競争しなかった.

スタッフは正式に所有者を変更し、それ以来、橋本はそれを使用して自分の行き先を示しています。 パリ 2024.

「飛んだ」橋本は、東京オリンピック開催1周年を前にOlympics.comとの独占インタビューでオリンピック金メダル以来の年について語った.

「東京五輪後も大会は盛りだくさん。忙しくて気がつくまでに1年かかった」

「今年はとても忙しい年でした。」

橋本大輝が19歳355日で最年少の男子総合優勝。

2021年ゲッティ イメージズの写真

橋本もバーで金メダルを獲得し(内村は決勝に進出できなかった)、団体戦で日本を銀メダルに導いた.

彼は、昨年の夏の「近所に」いたときのパフォーマンスを、今までにないほど振り返っていると言います。

彼が東京で上演したショーは彼のスターとなり、橋本自身も不意を突かれるほどうまく実行されました。

千葉県出身の彼は、順天堂大学の最先端の体育館で、「当時の自分がどれだけ集中していたかを今知った」と語った。

「実は彼女をとても尊敬しています。東京では体がとてもよく動いていました。完全にコントロールできていたので、それが自然に良い結果につながりました。

「私はオリンピックで一度もミスをしたとは思わないし、それはどの大会でもやったことがないことだ。

「大会でのパフォーマンスには今でも驚いています」.

橋本は、自信を確信に変える彼の能力が、彼をパリの正しい精神的な道に導いたと語った.

「私の目標は、オリンピックで金メダルを獲得することでした。自分にはできると思っていました。やったのです」と彼は言いました。

「自分の強さ、世界一になった力を感じた。

「それは、私の全キャリアを前に、戦う自信を与えてくれました。

「自分がベストを尽くせば、結果は自然についてくるということを学びました。

「ただ金メダルを獲得することはできません。 私は自分自身を改善するために働き続けなければなりません。 それは私が理解していることです。」

穏やかな様子

橋本は言葉を重んじ、言葉を切り刻まず、基本的に矢のようにまっすぐ進む。

彼は、メディアに対する内村のように、自分の主張を直接伝える方法を持っています。

橋本が最初の大会で19歳だったとき、彼は最年少の男子オリンピック総合優勝者になった。 彼女のバーでの金メダルは37年ぶりの日本人だった。

翌 10 月、日本の北九州で開催された世界選手権では、1 か月前に大学全国大会に出場していましたが、橋本はオールラウンドとバーで 2 位になり、非常に立派な結果を出しました。

個々の称賛は積み重なっており、橋本にとってそれが何年にもわたって続くと信じる理由は十分にあります. しかし、彼に次の目標は何かと尋ねると、彼は一瞬も躊躇しません。

日本で最も人気のあるオリンピック種目の 1 つである団体戦で優勝することは、橋本にとって非常に重要です。

橋本には年を超えた成熟と無私がある。

「今年リバプールで開催される世界選手権では、チームイベントが開催されます。

「チームで金を取りたいし、そこから総合で金を取りたい。

「ここ数年、私たちはチームの金メダルを失っています。私たちはコンパクトにとどまり、チームとしてうまくやっていかなければなりません。それが目標です。」

橋本選手は、2024年パリ大会で日本をチームの金メダルに導きたいと考えています。

2021年ゲッティ イメージズの写真

今はっきり見える

橋本は、東京 2020 がプレーできたことにいつも感謝しています。 彼は、オリンピックが開催されるまでに、何も勝てなかった多くの人々の犠牲が大きかったことを知っています。 現場スタッフ、ボランティア、裏方スタッフの皆さん。 彼は、彼らが東京 2020 を可能にしたことを認識しています。

しかし、メダルと新たな注目にもかかわらず、この1年で大きな変化はありません。 これのどれも彼の頭に行きませんでした。

彼は同年代の人のように狂ったわけではありません。 橋本は8月7日に20歳になったとき、素敵な新しい財布を買ったが、それだけだった.

東京 2020 が橋本に残した遺産は、目に見えない永続的なものであるため、言葉では言い表せません。

点灯しているので、道がよく見えます。 そしてこのため、彼は2年後にパリで自分自身を提示することができます – もちろん、表彰台の一番上に。

「チームの金メダルと総合の金メダルを獲得できると思います」と橋本はためらうことなく言います。

「私の最大の目標は、東京で自分のパフォーマンスを上回ることです。それを達成できれば、チームのタイトルとパリでのオールラウンドの両方を獲得できると確信しています。

「もちろん結果は大事だけど、目標を達成することが大事。 しかし、本当の目標は自分の能力を最大限に発揮することです。 »

「そうすれば、自分自身のより良いバージョンを実際に見せることができます。」

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です