機関投資家、資産は1兆ドルに急増

4分

GDP の 56% の価値があります。 契約上の年金は、補足年金だけで 213 を含めて 2930 億に達しました。 正のフィードバック。 実体経済への投資は増加傾向にあるが、まだ成長の余地は十分にある

ほぼ1兆。 機関投資家は経済危機も金融危機も恐れておらず、バランスシートの総額は 9,876 億ユーロに達しました。 国の GDP のほぼ 56% を占める補足年金。

これは、社会保障ルートの第 9 回年次報告書「イタリアの機関投資家: 2021 年のリソースと登録マネージャー」によって証明されています。 2007 年の 1,428 億 5000 万ユーロから 2021 年の 282.97 ユーロへと、過去 15 年間でほぼ倍増し、パンデミックの年である 2020 年の 2690 億ユーロと比較して 4.87% 増加しました。 GDPの15.9%に相当する資産で、そのうち約80%が直接的または間接的にプロの経営者に委託されており、近年増加傾向にあります。

一定の成長、社会保障ルートのアナリストは、イタリアの機関投資家市場がどのように統合され、国際的な地位の観点からも重要な次元に達したことを示しています.

社会保障ルート

年金基金、イタリアは OECD 加盟国中 12 位
アルベルト・ブランビラ、社会保障ルート調査研究センター所長
アルベルト・ブランビラ、社会保障ルート調査研究センター所長

OECD が 38 カ国中から設定した年金基金の資産別分類において、最も比較可能な部門である補足的年金については、イタリアが 12 位であり、達成不可能な米国、英国、オーストラリア、オランダ、カナダ、日本が続いている。 、スイス、デンマークをわずかに追い越しました。

「年金基金の資産と GDP の比率が 9.7% であるのに対し、他の多くの国では 50% を超えていることを考えると、私たちの市場がすでに非常に興味深い市場であることは明らかですが、発展の可能性が高いことは明らかです」と Alberto Brambilla 氏は強調します。社会保障ルート調査研究センター所長。

さらに、民営化されたファンド、補完的な健康の形態、銀行発祥の財団など、他の機関投資家を含めることで、OECD および非 OECD のランキングで我が国の位置付けが改善され、8 番目から 9 番目の四角に達します。

Covidに提出された返品

イールドパフォーマンスもプラスでした。 2021 年には、すべての機関投資家が好調に推移し、パンデミックで失われた地位を回復し、2019 年の水準をほぼ取り戻しました。

最高のパフォーマンスを獲得したのは Pip – Unit Linked で、2020 年の -0.2% に対して 11% で、オープン ファンドは +6.4% (2020 年は 2.9%) で、銀行発祥の財団は 5.7% (2020 年は 3.6%) でした。

年金基金のパフォーマンスは、退職金、インフレ、5 年間の GDP 平均の 3.6%、1.9%、0.1% のパフォーマンス目標を再び上回りました。

実体経済への投資、あなたはもっと与えることができます

最後に、実際の国民経済への投資が倍増し、領土にプラスのスピンオフを生み出すことを目指しています。 また、2021年には、銀行発祥の財団が国民経済への最大の投資家であることが再確認され、投資資産の約42%が、譲受人銀行、カッサ・デポジティ・エ・プレスティティおよびフォンダツィオーネ・コン・イル・シュッドの27.7%に相当するエクスポージャーに支えられています。 これに続くのは、約 18% の無所属の民営化基金であり、一方、交渉済みおよび既存の年金基金によって国に投資されたシェアは確認されており、それぞれ資産の 4.7% と 3.11% にとどまっています。

「主に契約上の性質の資金を提供する企業の「内部流通」退職金が実体経済の輪の中に収まるようにするための最も簡単な解決策は、確かに立法命令No. . 252/05 は、退職補償金を年金基金に支払う中小企業の資金調達を促進するためのものです。」

ブランビラ氏は、2007 年から 2021 年末までに約 820 億ドルの退職金が支払われ、そのうち、実体経済への平均投資の 4% を考慮すると、約 25 ドルが再投資されたと指摘しています。 「残りの 570 億は、INPS に割り当てられた 86 から盗まれました。その後、現金資金を実体経済に追加する必要があります。イタリアのような弱い経済にとって、これらは、両方への影響のために、反映すべきデータを懸念しています。雇用と生産性、ひいては我が国の発展に影響を与える」と彼は締めくくっている。

.

FocusRisparmio のニュースを毎朝受け取りますか? ニュースレターにサインアップしてください!

サイトに登録し、予約エリアに入り、「MY SERVICES」セクションの「ニュースレターを受け取りたい」セクションを選択してリクエストを行います。

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。