水素自動車: 今日、航続距離 650 km のセダンの最初のロード テスト

水素自動車の第2世代、トヨタ「ミライ」のイタリアで初のロードテストを開始。 革新的なセダンは水滴のみを放出し、航続距離は 650 キロメートルで、給油時間は 5 分未満です。

水素自動車の未来は、イタリアでもますます近づいています。 まさにこの日、エネアのカザッチャ研究センター(ローマ)で試乗が行われる トヨタ「ミラ」 ゼロ・エミッションのモビリティと自動運転を保証する初の水素燃料電池セダン 650キロまで。

エレガントで魅力的なデザインのこの革新的な車は、水滴しか排出せず、給油時間は 5 分未満です。 H2 サマースクール (ローマのサピエンツァ大学およびイタリア化学工学協会と協力して、エネルギー技術および再生可能資源の ENEA 部門によって組織された) の参加者は、トレーニング コースが今日終了する運転テストを受けます。

2014 年にゼロエミッションの燃料電池電気自動車を導入した世界初の自動車メーカーであるトヨタのミライ車は、水素技術の最先端を代表しています。

しばらくの間、Enea の専門家は真に持続可能なモビリティを推進するためにこの分野で研究を行ってきました。 「水素デモンストレーションバレー」、 ミッション・イノベーション・イニシアチブのプログラム契約の一環として、環境移行省が資金を提供するインフラストラクチャセンター。

後者は、一連の技術、サービス、インフラストラクチャ全体を開発して、水素の生産、輸送、貯蔵、および使用の全国的なチェーンを作成するという野心的な目的で生まれました。

ENEA は、そのインフラストラクチャとプロフェッショナリズムを備えており、ゼロエミッション モビリティの開発に貢献することを目的として、水素と燃料電池の研究に長年取り組んできました。 . – ただし、この分野での水素の普及を加速するには、技術の成熟度だけでは十分ではありません。水素ステーションの建設を全体的に促進することにより、立法、規制、およびインセンティブの側面に同時に介入する必要があります。また、水素の知識と社会的受容性を促進することにより、水素の文化を促進する必要があります。

ソース: AENEAS/トヨタ

また読む:

Kitamura Yori

「コミュニケーター志望。認定トラブルメーカー。食中毒。ベーコン愛好家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。