港での価格の夜の費用と日本人との夕食は議論を活気づけます

トロペアの市庁舎

€8,300.00。 それは 総額 3つから派生したもの トロペア市によって決定されます。 多くの中心で過ごす日々 コメント ティレニア海の真珠であるという事実を考えると 公金 したがって、 すべての市民。 この件については、Facebook にも投稿があります。 助言する 地方自治体の少数派 アントニオ・ピセラ それはすべてから始まります 8月9日 いつ 市議会 トロペアの – と ジョバンニ・マクリ市長 誰が議長を務め、決議案を提出します – 審議することを決定します 参加イベントBlu共通 トロペア、 価格 「マレ・プリト・ブルーノ・ジョルダーノ」エディションIV – 配信 国旗 トロペア港のブルー。 この目的のために、理事会は、 市長 彼らまたは彼ら 評議員のグレタ・トレカテとカテリーナ・マルゾロ (ロベルト・スカルファリ副市長とエルミニア・グラツィアーノ不在)は、提供することを決定します 所長へ エリア番号 4 市町村の「適当」 住所 後者がの財政的コミットメントを提供できるように 9千ユーロ 何の参加費 イベントの組織に。 [Continua in basso]

ジョン・マクリ

方法は次のとおりです。 8月18日イベントの日責任者 ゾーン4の トロペア市、建築家ガブリエレ・クリサフィオ、決定 n を採用します。 の合計の貸借対照表における会計コミットメントの場合は 302 5千ユーロ 為に 「音楽エンターテイメント とレンタル 音響・照明システム 観光港 ブルーノ・ジョルダーノ・クリーン・シー・アワードの機会にトロペアの“。 同じ決定で、それを読むことが与えられます 「プロモーショントロペアの町 とその領土、質の高い観光スペースとして、およびセクターにおけるイニシアチブの開発 観光と文化 の一部です ターゲット この政権が自らに与えたプログラム。 見た 見積もり 送信された Association Culture en Confrontoによる トロペアの Via degli Orti n を拠点としています。 16 2022 年 8 月 18 日 保護 nm 18163 に関する 音楽エンターテイメントおよびオーディオおよび照明システムのレンタル費用 税込総額5,000.00ユーロ、うち ミュージカルエンターテイメントは4,000.00ユーロ1,000.00 レンタルと設置のためのユーロ オーディオ照明システム; あなたはしなければならないと感じます 世話をする予算承認 親戚の仮説と同様に 支出コミットメント に等しい合計 5,000.00ユーロ」。

トロペアに届けられた青い旗

彼はドアを決める イベントと同日つまり 8月18日そのように 303番 同じ地方自治体の管理者が追加の金額をコミットした 三千ユーロ ポルト・ディ・トロペアの温泉街に賛成 (8 月 17 日予算提出) ビュッフェサービス 復元とインストールテラス トロペア港北桟橋にて 65名様 (ビュッフェとケータリング サービスに 2,000 ユーロ、テラスのレイアウトに 1,000 ユーロ)。 したがって、全体として、 8月18日の夕方 最後の 65名 – Vibo の検察官である Camillo Falvo は、ブルー フラッグ バナーを Tropea の Giovanni Macrì 市長に贈呈し、第 4 回の「Mare Pulito」イベントは、Soverato 市に行きました – 彼は費用を負担しました。 トロペアの自治体 8000ユーロ。 多すぎる 一晩だけ? 小さすぎる? よく使う? の 議論 東トロペアで 開いた、 であることを期待する 公金、 それで すべての市民の。 [Continua in basso]

その他の決定 (昨年8月12日の402)、一方、トロペアの自治体のゾーン1の責任者であるロッコ・ファーガは、 300ユーロ に賛成 レストラン ピントゥリッキオ サルヴァトーレ・トレカテによるトロペアの 6人で夕食 たまに 行政間の会合の 自治体、 日本のテレビ そして日本大学総長。
以来、 昇進 トロペアの町 質の高い観光スペースとしてのその領土、および観光および文化部門におけるイニシアチブの開発は、この政権が自ら設定したプログラム目標の1つです。 見る 市町村が有用と判断したもの – 決められたものを読む – 整理する 夕食会 とともに 日本のテレビ 日本大学長 可能な合意について話し合う 観光客が私たちの街に戻るために。 この機会に レストラン「ピントゥリッキオ」に連絡し、 Dardano 2a経由で拠点を置く トロペア、 に等しいコスト見積もりを提供した人 €300.00税込・6名様分」のこだわりはこちら コスト 話す 一般。
回避可能な費用? 再び トロペアでの討論 彼はそれ以上です 開いた多くの人が先月のように指摘したので 共通の の決定により、地域の境界を越えた議論の中心にいることに気づきました。 上げる市長料金駐車場 島の近く 1 時間あたり最大 3 ユーロ市長自身に、来年は関税が(日本人に敬意を払って?)ただの人間のために引き上げられることを保証する 1 時間あたり 5 ユーロ。

また読む: トロペアの青い旗: ヴィボ・カミッロ・ファルボの検察官がバナーをマクリ市長に手渡す – ビデオ

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。