特許の中心にあるSony PlayStationとApple TVおよびAmazon Fire TVでのクラウドゲーム

ソニー・インタラクティブエンタテインメント を記録した 新しい特許 分割専用 プレイステーションそして特にテクノロジー クラウドゲーム. したがって、この新しい特許に含まれる情報を見ると、日本の巨人が、市場に出回っているかなり普及している一連のデバイス全体でクラウドゲームサービスをリリースするつもりであることがわかります。これらのApple TVの中で、Amazonが具体的に言及されていますFire TV Stick と Google Chromecast です。

したがって、このシステムはデバイス パススルーを介して機能し、ファンはビデオ ゲームのライブラリにアクセスして、専用の PlayStation ブランドのゲーム デバイスを所有する必要なく、テレビでクラウド テクノロジを介して直接プレイできるようになります。

本質的に、それは競合他社と同様の製品であり、現在よく知られている Microsoft xCloud は、すべての Xbox Game Pass Ultimate サブスクライバーが利用できます. ただし、Sony Interactive Entertainment が提出した新しい特許を読むことで、市場で入手可能なさまざまなドングル専用のネイティブ アプリケーションではなく、パススルー デバイスを使用するようになった理由を発見することもできます。

実際、Sony が明らかにしたように、現在市場で入手可能なデバイスはいずれも、低遅延のビデオ エンコーディングをサポートしていません。 .

以下は、日本の巨人が提出した新しい特許からの抜粋です。

「ストリーミング デバイスは、さまざまなメディア コンテンツへのアクセスを提供できますが、クラウド ゲームをサポートおよび促進することはできません。 たとえば、消費者は Roku メディア プレーヤーを使用して、さまざまなメディア コンテンツをストリーミングしたり、少数のビデオ ゲームにアクセスしたりできます。

実際、残念ながら現時点では、少なくとも Roku などのストリーミング メディア プレーヤーやその他のストリーミング デバイスは、クラウド ゲームをまったくサポートできない可能性があります。これには、ビデオ ゲーム ストリームを効率的にデコードするために非常に低いビデオ デコード レイテンシと高い処理能力が必要です。

まさにこの理由から、ストリーミング デバイスを介してクラウド ゲーム システムからビデオ ゲームにアクセスしたい消費者は、クラウド ゲームにアクセスできない可能性があります。

ソニーパススルー2

Kitamura Yori

「コミュニケーター志望。認定トラブルメーカー。食中毒。ベーコン愛好家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です