生まれ、マルコ・ペローナチがイタリア代表に就任

ローマ、1 月 2 日 (askanews) – 今日、マルコ・ペローナチがブリュッセルの大西洋理事会のイタリア常任代表に就任しました。 ファルネジーナはそれを知らせました。

ペローナチはパヴィアで生まれ、ローマの「ラ サピエンツァ」大学で政治学を専攻しました。 1989 年 2 月 13 日、コンテストの後、彼は外交官としての志願者に任命されました。 ファルネジーナでは、移民・社会問題総局に勤務した。


1991 年 6 月 11 日、カンパラで商務次官、その後一等書記官、1993 年 10 月 18 日に東京で二等書記官、その後一等書記官に就任。

省に戻ると、ペローナチは政治総局と人事総局を務め、2000 年 12 月 1 日から第 3 局長 (DGPA) のポストを務めました。


2002 年 8 月 1 日から、彼はパリで参事官のポストを保持し、2006 年 4 月 3 日、彼はブリュッセルの EU 常駐代表部の第一参事官になりました。 2009 年 3 月 27 日以来、彼は法務省の大臣の外交顧問を務めています。

2012 年 6 月 19 日、彼はブリュッセルの欧州連合に対するイタリアの副常駐代表として、また 2014 年のイタリア大統領の学期中に Coreper の大統領として、大使の称号と階級を与えられました。


2015 年 11 月 17 日以来、彼は内務省の大臣の外交顧問を務めています。

ファルネシナでは、2017 年 1 月 3 日から、大臣のスポークスパーソンおよびプレスおよび機関通信サービスの責任者を務めました。 2018 年 6 月 21 日から欧州連合事務局長に直属し、2018 年 10 月 11 日からはブレグジット プロセスに関する外務国際協力省の特使を務めています。

2020 年 2 月 20 日、彼は欧州連合の政治安全保障委員会のイタリア常駐代表として大使の称号と階級を与えられました。

彼は、ヨーロッパとアジアの政治に関するエッセイと出版物の著者です。 1998年、日本大カラー勲章瑞宝章受章。 2018 年には、イタリア共和国功労勲章司令官の栄誉を受けました。

Yamashiro Ietsuna

「誇り高き音楽愛好家。学生。Web 愛好家。問題解決者。インターネット専門家。フリーランスのゾンビ伝道師。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です