福島、汚染された水を海に投棄する日本の計画は誰もが納得しない

核の権威 日本 を与えた 計画に青信号 ごみ 太平洋で より多い 100万トンの汚染水以前のサイトより 福島原子力発電所2011 年の津波で破壊されたこのプロジェクトは、国際原子力機関 (IAEA) から既に承認を受けていますが、 国連から批判されたまた、日本の国境を越えた人々にもリスクをもたらす可能性があります。

2011 年の津波と福島原子力発電所の原発事故の後、 アルプス吸引ろ過システム (高度なリキッド ハンドリング システム)は、原子力発電所の土壌から毎日何トンもの汚染水を抽出しています。 これは雨水と地下水であり、原子炉の冷却にも使用されます。 アルプスシステムは しがみつく のほとんど 液体に含まれる放射性物質しかし、まったくありません。 これらには、トリチウムが含まれます。 水素の放射性同位体 少量であれば無害であり、大量の水に溶解すると、 人間の健康や環境に危険をもたらすものではありません マリン。

しかし、国連によると、 注意します 有毒物質と人権に関する特別報告者のマルコス・オレリャーナ、食糧の権利に関する特別報告者のマイケル・ファクリ、人権と環境に関する特別報告者のデビッド・ボイドが共同で、 「海洋環境への100万トンの汚染水の排出 関係住民の人権を完全に享受する上で、かなりのリスクを伴います。 日本の国境の内外」。

国連の覚書は、環境団体や各国政府による日本の計画への抵抗から始まります。 中国、韓国、台湾放出が環境、生態系、および人間の健康に悪影響を及ぼす可能性があること。 「決定は特に 残念な専門家は、彼らが利用可能であると考えているので 問題の代替ソリューション 共同声明は続く。 によると 2020 年にグリーンピースが実施した分析福島の水には他の汚染物質も含まれています トリチウムに加えて、廃棄する前に追加のろ過と処理が必要になります。

懸念にもかかわらず、日本政府の原子力当局は、できるだけ早く投棄作業を開始して終了することを意図して、プロジェクトを進めることを決定しました。 今から10年後 したがって、出口がずらされます。 さらに、この問題に関する世界の最高機関である国際原子力機関は、東京の計画を支持している。 いずれにせよ、作業が始まる前に、プラントは対処する必要があります 追加検査 規制当局および国連作業部会によって。

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。