福島第一原発からの汚染水:中国は海上投棄に反対を繰り返した

「太平洋諸国は日本に対して訴訟を起こす権利が​​ある」

[4 Gennaio 2023]


2年前の4月、日本は福島原発の汚染水を2023年春から海に放出することを目標に、運用開始を発表した。原発や原発事故の手段を口にする中国は、一貫して反対してきた。そして今日 ラジオ中国国際 (IRC)は、「この日が近づくにつれて、日本のダンピング計画に対する抗議行動が太平洋地域で続いています。 日本が計画通りに汚染水を海に放出すれば、太平洋諸国は日本に対して損害賠償を請求する権利がある、とアナリストは主張している。

中国の国際ラジオは、中国共産党中央委員会の公式機関である人民日報によって復活した記事の中で、「核汚染に苦しんでいる南太平洋の国々は、67人のアメリカ人マーシャル諸島では 1946 年から 1958 年にかけて核兵器が使用され、住民は今でも放射能汚染、海洋生物の汚染、核廃棄物投棄の漏れに苦しんでいます。 福島原子力発電所はさらに深刻な事故に見舞われ、大量の放射性廃棄物が発生しました。日本の政治家は、浄化プロセスの後は安全だと主張していますが、実際にはそうではありません。

最近、日本の NGO 市民原子力情報センターは、「汚染され処理された水には、トリチウムを含む 64 の放射性物質が依然として含まれている」という記事を発表しました。 海に放出されると、海洋環境の放射能汚染につながり、食物連鎖を通じて伝達および蓄積され、人間の健康と生態環境に悪影響を及ぼします。

シャウト 告発:「日本政府は、放射性水の処理を最大限に実施せず、関連情報を包括的に公開せず、近隣諸国や国際機関との広範な協議を実施せずに、一方的に排出を決定した.汚染水を海に流すというのは、国際社会の立場に反することを意味します。 各国は、あらゆる法的手段によって自国の利益を守る権利を有します。

歴史的に問題のある中日関係は、相互の領土主張により再び大雑把な局面を迎えており、台湾と北京は東京を厳しく攻撃している。様々なパーティー。 日本は近隣諸国で大災害を引き起こし、現在、別の災害を追加したいと考えています。 また歴史に侮辱されたいですか? »

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です