米国の外交官は日本の取引所にロシアとの関係を断つよう呼びかける

米政府当局者は、日本で認可された仮想通貨取引所に対し、経済制裁が課せられているロシアとの取引を停止するよう要請した。

米国の外交官は木曜日に報告した 彼らは尋ねた 日本で認可されたほとんどの仮想通貨取引所と一部のマイナーは、ロシアでの業務を停止しました。 その結果、日本の金融監視機関である金融庁 (FSA) は、ロシアとのすべての関係を終わらせるために数回のスワップを命じたと伝えられています。

国務省は、「米国は、ロシアのウクライナ侵略から生じる人道的課題に対処するために、G20およびその他の国際パートナーと引き続き関与していきます。特に、クレムリンの侵略戦争が世界の食糧に与えた有害な影響に対処します。そしてエネルギー安全保障」。

2月のウクライナ侵攻後、仮想通貨はロシアに制裁を課す議員と規制当局の間の戦場となった。 3 月に、金融庁と日本の財務省は、 彼らは発表した ロシアとベラルーシで制裁対象の個人または団体が関与する取引を処理する暗号通貨会社は、罰金または懲役の対象となります。

2月以来、岸田文夫首相の下で、日本はロシアからの金輸入の禁止、特定の会計サービスの提供、資産の凍結を含む独自の制裁をロシアに課している。 フィナンシャル・タイムズ紙の報道によると、多くの日本の仮想通貨マイニングおよび取引所会社はロシアで直接事業を行っていないが、おそらく制裁に違反して、地元企業と協力する支店を持っている可能性がある.

FSA のガイドラインによると、日本で仮想通貨関連のサービスを提供するには、すべての取引所を登録する必要があります。 6月17日から、 31回の交換がありました DeCurret、bitFlyer、Coincheck、OKCoin など、国内で登録および認可されています。

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です