米韓、4年ぶりに演習。 日本が長距離ミサイルを評価

北朝鮮の核の脅威が高まり、中国が台湾周辺でのプレゼンスを強化する中、4年ぶりにワシントンとソウルは明日、韓国で合同軍事演習を再開する。

11 日間続く演習には、ジェット機、戦車、数千人の部隊が参加し、金正恩政権との模擬衝突が行われます。

「Ulchi Freedom Shield」と呼ばれる毎年恒例の夏の演習は、2018 年にドナルド・トランプ大統領によってビデオ戦争ゲームに縮小されました。ドナルド・トランプ氏は、シンガポールで金氏と初めて会った後、定例演習の削減を命じ、費用がかかり、挑発的であると定義しました。

中国、実弾射撃訓練を実施

明日、2022 年 8 月 22 日、中国軍は、台湾海域からそう遠くない東シナ海の選択された地域で一連の実弾演習を開始します。 これは、中国の海上保安庁によって発表された、と Tass は報告している。 演習は午前 2 時から午後 4 時まで続きます。 当局は、指定された地域での航行禁止を発表しました。 演習に関与する力と手段は指定されていません。

日本は中国と北朝鮮を攻撃できるミサイルを望んでいる

日本政府は、隣国中国からの増え続ける脅威と見なされているものに対応するために、長距離ミサイルシステムのアップグレードを検討しています. 読売新聞はこれを予想し、匿名の情報筋を引用して、保守的な岸田文雄首相が率いる幹部は、地対艦ミサイルを装備して、射程を現在の100キロメートルから十分と考えられる約1000キロメートルに拡大するつもりであると説明している.中国と北朝鮮の沿岸地域に到達する。

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です