結果: フランス – 日本 2022 バレーボール世界選手権: 準々決勝でイタリアのフランスの対戦相手

サラ フランス – イタリア 2022 男子バレーボール ワールドカップの準々決勝の最初の試合。

ブルースの相手を決めるのに2時間半近くの激戦 日本とフランス、2つのチームが実質的に同等の武器、打撃、エラーで互いに直面した4セットの後、タイブレークの最後の息で解決しました。 彼らを見て ここに信じるべき統計があります。

準々決勝でイタリアに加わるのは、 アンドレア・ジャーニ そして、それはあなたを笑顔にします。 なぜなら、今晩すでに、グラウンドにいるコーチの国籍が、9 月 7 日水曜日の試合がどうなるかを予見していたからです。 ブルースフィリップ・ブレイン日本人のフランス人コーチであり、彼らを将来のゲームに共鳴する陰謀の主人公にしました.

フランス対日本:試合概要

結論を出すのに長い時間がかかり、最初のセットで最も簡単な解決策しか見られなかったエピローグは、その夜の最も明確な勝利をもたらしました。 25-17フランス人の手に。

その瞬間からフォースネットが始まり、第2セットを勝ち取った 25-21 によって訓練された、戦術的に非常に慎重な日本人によって 西田裕二 それは攻撃で巨大化し始め、ガペスと彼の仲間にとって最も判読不能で予測不可能な物体になりました.

Callipo に対抗する 22 歳の彼は、グラウンドで 31 ポイントを獲得してゲームを終了します。 アーヴィン・ガペスバーテレミー・チネニエゼ夕方のトップブルースコアラーは、ほぼ2つになりました(それぞれ17ポイント)。

第3セット、日本は負ける 24-26にも感謝します ステファン・ボイヤー しかし、アジア人にとっては現オリンピック チャンピオンに苦労させるだけでは十分ではありませんでした。

第4シリーズ これはブレインの部下のためのもので、法案はタイブレークの最後の 1 秒で決済されます (18-16): Ngapeth は、断続的なパフォーマンスにもかかわらず、ゲームを終了することを考えましたが、運命とのランデブーの準備ができています。 フランスのそれは水曜日に続く 9月7日 – 午後5時30分 – イタリア戦、まだリュブリャナで。

ラウンド 16 の結果 – バレーボール世界選手権 2022

9月3日土曜日:

  • スロベニア – ドイツ3-1 (25-18、25-19、21-25、25-22)
  • イタリア-キューバ 3-1 (25-21、21-25、26-24、25-18)

9月4日日曜日:

  • アメリカ-トルコ 3-2 (25-21, 25-17, 22-25, 19-25.15-12)
  • ポーランド-チュニジア 3-0 (25-20、25-15、25-21)

9月5日月曜日:

  • ウクライナ – オランダ: 3-0 (25-16.25-19, 25-18)
  • フランス-日本: 3-2 (25-17, 21-25, 26-24, 22-25, 18-16)

また読む: イタリアが欧州男子バスケットボール選手権でプレーするのはいつですか? EuroBasket 2022 でのアズーリの全試合

MEN’S VOLLEYBALL WORLDS 2022: プログラム、結果、試合

9月3日土曜日

  • 午後 5 時 30 分 – ラウンド 16、リュブリャナ: スロベニア – ドイツ 3-1
  • 午後 9 時 15 分 – ラウンド 16、リュブリャナ: イタリア 3 – 1 キューバ

9月4日日曜日

  • 17:30 – ラウンド 16、ギルウィス: アメリカ-トルコ 3-2
  • 午後 9 時 – ラウンド 16、ギルヴィス: ポーランド対チュニジア 3-0

9月5日月曜日

  • 午後 5 時 30 分 – ラウンド 16、リュブリャナ: オランダ – ウクライナ 0-3
  • 午後 9 時 – ラウンド 16、リュブリャナ: フランス-日本 3-2

9月6日火曜日

  • 午後 5 時 30 分 – ラウンド 16、ギルウィス: セルビア対アルゼンチン
  • 21:00 – ラウンド 16、ギルヴィス: ブラジル対イラン

9月7日水曜日

  • 午後 5 時 30 分 – 準々決勝 1、リュブリャナ: イタリア – フランス
  • 午後 9 時 – 準々決勝 2、リュブリャナ

9月8日木曜日

  • 午後 5 時 30 分 – 準々決勝 3、ギルウィス
  • 午後 9 時 – 準々決勝 4、ギルウィス

9月10日土曜日

  • 午後 6:00 – 準決勝 1、カトヴィツェ
  • 午後 9 時 – 準決勝 2、カトヴィツェ

9月11日日曜日

  • 午後6時 – 銅メダル決勝、カトヴィツェ
  • 午後9時 – 金メダル決勝、カトヴィツェ

また読む: ベレッティーニは準々決勝に、シナーは 8 位に飛びます: 2022 年の全米オープンでまだ 2 人のイタリア人が残っている時間と試合です。

また読む: Men’s EuroBasket 2022: プログラム、見逃せないイタリアと NBA スターの試合.

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。