美食外交、まったく新しい分野

2000年代初頭に遠いタイで生まれ、近隣諸国に広がり始め、少し遅れてヨーロッパにも到着しました. 最初はフランス、最近はイタリアも。 これは、まったく新しい分野であり、単一の定義がまだ発明されていないため、世界中でますます人気が高まっています。 もちろん、私たちはそれを言うことができます 海外で自国の料理文化を促進するために、個々の州によって設計および実施された戦略を示します。 それを食外交と呼ぶ人もいれば、食外交と呼ぶ人もいる」. 研究者だと言う ハッピーフラワーロリエンターレ大学の現代日本の政治と制度の専門家であり教授である彼は、記者会見の時点で、この件についてリモートで話しています。 遠い未来. ほとんどの人が知らないこの分野の傾向、目的、起源について一般の学生に伝えるのに約 1 時間半かかりました。 美食外交の戦略の根底に経済的必要性があるというのが本当なら、つまり、 「食料輸出を増やす」 – 一方、ファリーナはトリエンナーレで国際関係を専攻し、マギストラルでアジア関係と制度を専攻し、その後アジア、アフリカ、地中海で博士号を取得しました。食文化を伝えるメッセージ。 「私は食と持続可能性の関係を理解し​​ようとする Pon プロジェクトを実行しています。 私たちは取る 日本の場合これ 領土と環境に焦点を当てた. 健康と幸福につながる彼の料理のイメージを伝えることに成功しました。 それはあなたが食べる食品の品質を超えています。」. 美食外交の短い歴史的な旅をたどりたいと思って、タイからマレーシアに到着し、次に韓国に到着し、正確には日本に到着しました. フランスを除くヨーロッパでは、 「多かれ少なかれ2013年に、彼は自分のキッチンをユネスコの世界遺産に登録しました」、状況はより問題でした。 特に地中海地域では。 「イタリアに関する限り、遅延は特定の選択によるものです。 のそれです 他の国でも共有されている地中海食を促進する、トルコ、スペイン、クロアチアなど。 その結果、 この料理の国際的な性質により、単一の州の予測戦略を特定することがより困難になっています. しかし、ベル パエーゼは一歩前進しています。ミラノで開催された Expò2015 のことも考えられます。イタリア料理のテイスト戦略を開始し、海外で私たちの料理を後援しています。 文化的には、料理の遺産は人々の間の交流と出会いの場になり得ます。 それだけでなく、食べ物はますます自己宣伝になっています。

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です