習主席が日本のEEZでのミサイル発射を個人的に許可




中国の習近平国家主席は、台北のナンシー・ペロシ・アメリカン・ハウスの訪問に応じて、中国軍が台湾周辺で行った大規模な軍事演習中に、日本の排他的経済水域 (EEZ) に弾道ミサイルを発射することを個人的に決定した. 日本のマスコミは、北京の意思決定プロセスに近い情報源を引用して書いている:噂によると、習主席は台湾海峡に関連するダイナミクスへのいかなる介入も抑止するメッセージを東京に送りたかった. 中央軍事委員会の委員長として中国軍を指揮する習主席は、先週、日本の排他的経済水域を関与させずに訓練を実施することを要求した計画を明確に拒否し、代わりに、より焦点を絞った作戦アプローチを選択したと伝えられています。 . 戦闘志向の戦争計画。

特に、中国の大統領は、九州から台湾に至る一連の島々である南西諸島の航空海上封鎖のシミュレーションを選択したであろう.連合軍がこの地域に駐留している。 台湾周辺の6つの地域で行われた大規模な演習は、8月4日から9日まで行われました. 中国軍が 8 月 4 日に発射した 11 発の弾道ミサイルのうち 5 発が日本の EEZ 内に到達し、東京と日本の岸田文夫首相自身からの抗議を引き起こした。 習主席と岸田氏は昨年 10 月、両国関係樹立 5 周年を前に、両国間の「建設的で安定した」関係を促進することで合意しましたが、台湾海峡での緊張の高まりとともに、両国関係は急速に悪化しています。

他のニュースも読む ニュース ニュース
Nova News ソーシャル メディアでフォローしてください。 フェイスブックツイッターリンクトインインスタグラム、 電報







Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です