若いフォサセシア人が日本を征服 – VideoCittà

「勇気と創意工夫が報われるとき。 それは、ジュゼッペ・デュラート(ペッペが彼の友人に)が日本で何をしたかにかかっているかもしれません。 フォッサセシアとイタリアに名声を与え、仕事の夢を追い求める多くの若者の模範となるその歴史」.

これは、市長のエンリコ・ディ・ジュゼッパントニオが自治体の議会ホールでペッペ・デュラートに会ったときに強調されました。 ドゥラートは、幼い頃から絵を描くことに情熱を傾け、イタリアから遠く離れた日本、正確には日本にたどり着きました。 私たちの国とは言語、用途、習慣、文化がまったく異なり、ペッペの優れた適応力が必要な国での難しい選択でした。

「挿入段階の後、大きな決意を持って、ペッペは漫画家の間で重要なスペースを征服することに成功しました.ペッペの鉛筆、日本への到着、彼の経験、彼のフォサセシアとアブルッツォへのノスタルジー、そしてこの遠い国での小さな日々の征服を通して、読者が追体験できる自伝であるミンゴを出版しました。そしてそれは、フォッサセシアのすべてが遠く離れていても、常に彼の近くにいるペッペに成功の扉を開くと確信しています。」

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です