計画は正気ではなく、結果は痛ましい

非常に人気のある日本の大学トーナメントは、別のかなりばかげた計画を生み出しました。最終結果は、悲惨なだけでなく、大きなチャンスを逃したチームが排除されるという結果になりました。

現在明らかになっているのは、全日本高校サッカー選手権大会 – 多くの大学を代表する 48 チームが参加するコンテスト 日本 – これまでサッカー場で見られた最もばかげた計画の偽造です. フリーキックのカルーセルは今や古典的ですが、結果は常に期待どおりとは限りません: 数日前の最初のラウンドの 1 つの間に起こったように、実際にはいくつかの迷惑な愚か者につながる可能性があります。 高川学園高校の男子生徒が習う日課.

非常に人気のあるトーナメントに参加したユース チームの 1 つが思いついた最新の「素晴らしい」アイデアは、昨日の準々決勝の 1 つで上演されました。 東山 (京都校)へ 日本体育大学柏. 試合の決定的な瞬間に仕掛けられた策略で、その失敗は痛みを伴うフォーメーションの排除につながり、勝利のゴールを決める機会を無駄にしました。

エピソードは、試合の後半、終了から 15 分後に発生しました。 レフェリーはペナルティの口笛を吹いた 日本体育大学柏に有利な状況で、ゴールラインから約7メートルの東山ゴールキーパーが守った小さなエリアのすぐ外にボールを置いた。 その際、柏チームの選手たちの間で和解が成立し、少なくとも自分たちの意図では相手を混乱させる何かを考え出した方が良いと考え、レギュレーションに従って(距離を考えて)並べた。 all と 11 がゴールラインに。 攻撃側はボールの後ろで 7 列に並んでいる.

審判のホイッスルが鳴った後、列の最初の2人のプレーヤーが開始し、ボールに触れるふりをしたが、前に飛び出してボールに触れなかった. 3番目は、彼の後ろにいて、左足で結論を下した4番目の結論を支持するために、むしろ彼に触れました。 ステージの準備はすべて、実際には意味のないものでしたが、本当につらい結末を迎えました。ショットは、問題の「戦略」に気を取られることなく、ボールがネットに入るのを防ぐのに苦労したプレーヤーの壁によって簡単に打ち消されたためです。

そのエピソードが大会準決勝進出を決めた試合は0–0で終了し、ラウンドはPK戦によって決定され、東山が前進し、日本体育大学柏が敗退しました。

Kawasaki Michinori

「ベーコンマニア志望。受賞歴のある学生。インターネット開業医。アルコール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です