鉄鋼ブームと大気汚染の拡大

加古川製鉄所からの煙が大阪からそう遠くない空に立ち昇る一方で、地上では着色された粉末がシェフのキッチンのスパイスのように見えます. 規模は印象的です。工場 – 日本で 5 番目の生産 – は 510 ヘクタールの面積に広がり、年間 600 万トンの鋳鉄の生産能力を持つ 2,500 人の従業員を雇用しています。 日本は世界で 3 番目の鉄鋼生産国ですが、世界の生産量の半分をわずかに超える年間 10 億トンを生産するランキングのトップである中国には遠く及ばないままです。 第二次世界大戦の終わりから今日まで、鉄鋼産業は指数関数的に成長し、1050 年に生産された 1 億 8900 万トンから、今日では 1 億 9510 万トンに増加しました (World Steel in Figures 2022 レポートのデータ)。 環境に深刻な影響を与える成長。 実際、鉄鋼産業は産業レベルで最もエネルギー集約型の活動であり、大量の二酸化炭素を排出し、環境と健康に二重の影響を与えます。一方では温室効果を促進し、結果として地球温暖化を引き起こします。大気汚染を悪化させ、人々の健康に直接的な影響を与えることによって。 昨年、世界保健機関は大気質ガイドラインを更新し、特に中所得国と低所得国で大気汚染が著しく悪化していることを証明しました。 いつもに従って 毎年、大気汚染の影響に関連して、世界中で約 700 万人が早死にしています。

Michele Luppi によるテキスト、Federico Monica による画像 – Placemarks; 著作権で保護されている画像: Google Earth / Maxar Technologies; www.placemarks-africa.org

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。