鉱工業生産は7月に減少すると予想される

日本の鉱工業生産は、前月に記録された急激な増加に続いて、7 月に減少した可能性が高い。 これは、世界第 3 位の経済大国の 7 月の工業生産が、前月から 0.5% 減少する可能性が高いという、経済学者が国のマスコミによって復活した調査で今日行われた予測です。 日本の鉱工業生産は、中国での新型コロナウイルス感染症の封じ込め措置の緩和を受けて、6 月に 9.2% 増加しました。 しかし、対外貿易に依存する日本経済は、世界経済の成長見通しに暗雲が立ち込めている。

日本の大企業の約 42% が、インフレにより今後 12 か月間で国内経済が減速すると予想しています。 これは、共同通信社が今月実施した世論調査によるものです。 景気減速を予想している企業の割合は、先月実施された前回の調査よりも 5 ポイント高くなっています。 調査対象は、トヨタ自動車など日本を代表する114社。 そしてソフトバンクグループ。 この調査は、世界第 3 位の経済大国の成長見通しについて、優良企業の間で悲観論が高まっていることを示しています。 より強力な経済成長軌道を期待する企業の割合は、昨年の 90% から 55% に低下しました。

2022 年上半期の日本の経常収支黒字は 3 兆 5100 億円(259 億ドル)で、前年同期から 63.1% 減少しました。 これは、日本の財務省が公表しているデータによって証明されています。 円安と世界のエネルギー・原材料価格の高騰による貿易赤字は、主に経常収支を圧迫した。 経常収支黒字の半年間の縮小は、2008 年下半期以来、日本で記録された最大のものです。サービス貿易は 24 億 9000 万円の赤字で上半期を締めくくった。 一方、海外投資による第一次所得は、前年比22.4%増の12兆8700億円の黒字となった。

日本は、円安と世界中のエネルギー価格の上昇により、2022 年の最初の 6 か月間で過去最高の半年間の貿易赤字を記録しました。 世界第 3 位の経済大国である中国は、1 月から 6 月にかけて 7.9 兆円 (570 億ドル) の貿易赤字を記録しました。 輸入は前年比 37.9% 増の 53.9 兆円に達しました。これは主に、ここ数か月のウクライナ紛争による原油と石炭の価格の上昇によるものです。 一方、輸出は 15.2% 増加して 45.9 兆円となり、この数字自体は、同国が比較可能なデータを公表し始めた 1979 年以来、6 か月連続でプラスの記録を示しています。 日本の貿易収支は、2021 年後半にはすでにマイナス圏に突入していました。 6月だけで、日本は1.4兆円の貿易赤字を記録しました。

日本の消費者物価は、パンデミック後の世界的なサプライチェーンの混乱とウクライナでの紛争の複合的な影響により、今年約2.6%上昇するでしょう。 これは、日本の内閣府が作成した予測であり、今年度の成長予測も GDP の 2% に下方修正され、1 月の推定値は 3.2% でした。 以前の予測では、日本政府は消費者物価上昇率を 0.9% と見積もっていました。 日本の岸田文夫首相は、「物価の上昇は、コロナウイルスのパンデミックからの経済回復へのリスクである」と認めた. 岸田氏は昨日の国民経済会議の議長を務め、日本経済団体連合会(経団連)の戸倉正和会長を含む民間の著名人も出席した。 また、賃金の停滞についても言及されており、日本の大企業では2021年に1.86%の上昇しか記録されていません。

他のニュースも読む ニュース ニュース
Nova News ソーシャル メディアでフォローしてください。 フェイスブックツイッターリンクトインインスタグラム、 電報

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です